Top > 装備 > ブーツ(防寒、防水)

ブーツ(防寒、防水)

雪上トレッキングの快適さを求めるためには、スノーシュー本体よりも大切かもしれません。

いくらスノーシューを履いていても、ある程度は雪の中に足が沈んでいきます。

防寒性の低い靴では足先がどんどん冷えてきますし、防水性が低ければ水が染みてきてしまいます。

スノーシュー用ブーツ

スノーシュー用のブーツは、クルブシよりももっと高いところまでカバーしてくれるミドルからハイカットのものが必要です。
靴の中へ雪が進入するのを防いでくれますし、足首から熱が逃げていくのを防いでくれます。

*スパッツも併用することを強くお勧めします。

*ズボンのインナースパッツがよほどしっかりしていても、歩いているうちに隙間が出来て雪が入ってきます。

*ハッピースノーシューではスパッツのレンタルは無料です。



ゴム長靴は足が冷えてしまいますので、お勧めできません。
また、長靴の裏側に保温素材をつけたタイプのものもありますが、実際に使ってみた感じでは長靴タイプよりも上の写真のようなブーツタイプのものの方が暖かいし使い易いです。

 

スノーシュー用ブーツの適応例

・スノーブーツ(アウトドアメーカーが販売している登山靴タイプ)=OK

防水・防寒がしっかりしていて、なおかつクルブシの上まで保護して足首もぐらつかないように締めることができます。

シーズンを通してのスノーシューや残雪期のザラメ雪の登山で使うものとして適しています。

 

・スノーブーツ(街中で履くようなオシャレなタイプ)=お勧めできません。

様々な製品があるので一概には言えませんが、山地では歩きづらいのと、水っぽい雪の中を歩くと水が染み易いものが多いです。

製品による、としか言いようが無いのですが、適していないものが多いです。

中には、スノーシューフィールドでは全く使えないものもあります。


・厳冬季用重登山靴=OK

ただし、普通のスノーシューハイキングで使うには重いし足首の自由度が低いので疲れやすいです。

 

・3シーズン用登山靴=残雪期までカバーするものならOK

靴下は厚めの暖かいものを使用しましょう。

 

・夏用の軽量な登山靴=あまりお勧めできません。

時々このタイプを持参して問題なく使えている人も居ますが、本人の発熱量が高くて足先の血行も良い健康的な登山家の人です。

 

・ゴム長靴=ご持参は控えてください。

裏側に防寒素材が付いている冬用なら使えないこともありませんが、あまりお勧めしてません。

 

・トレイルランニング用シューズ=ご持参は控えてください。

必要な持ち物リスト表へ

装備

スノーシュートレッキングに必要な装備の説明。群馬県水上温泉のハッピースノーシュー
スノーシューコース


新着情報
立山出張してきました。(2017年11月17日)
八方尾根ガイド。(2017年11月17日)
関連サイト