Top > 装備 > 帽子など

帽子など

頭というのは、体温が逃げていきやすい場所です。

お天気がいい時でも、かならず用意しましょう。

スノーシュ装備:帽子

気をつけたいのは、必ず耳が隠れるタイプの物を選ぶことです。

耳というのは寒風に吹かれやすいし、体温も逃げやすい場所です。

『耳がしもやけになった』なんていうのは良く聞きますよね。


必要な持ち物リスト表へ

装備

スノーシュートレッキングに必要な装備の説明。群馬県水上温泉のハッピースノーシュー
スノーシューコース


新着情報
5/24、三国峠(2017年5月28日)
一ノ倉出会いの雪の壁(2017年5月24日)
関連サイト