Top > 装備 > インナー・肌着

インナー・肌着

インナーや肌着のレンタルはございませんので、ご持参ください。

化学繊維やウール、シルクなどの長袖の上下を着るのが一番です。
木綿のものは汗を吸い込むと濡れたままになってしまい、体を冷やしてしまいます。

肌触りを良くする為や価格を下げる為に化学繊維に木綿を混入している製品があります。
こういった木綿混のものは使用しないように、ということが良く言われたりしますが、私は使用しています。
スノーシューインナースノーシュー用肌着

標高2000メートルを越えるような山岳地帯に行ったりとか、雪中キャンプをするのとは違い、標高1.000メートルにも満たない里山で日帰りのスノーシューでは、木綿と化学繊維の混紡インナーでも充分使用できます。

ただし、気候条件が厳しいときなどはウールや化繊のアンダーウェアを必ず着用しています。

気温が凄く下がりそうな日で、更に汗をかいてしまいそうなハードな行程になりそうな時は必ずウールを選んでいます。

(*注意。群馬県みなかみ町でのスノーシュートレッキング用としての話です。みなかみ町は関東地方なので緯度も東京とそれほど変わりませんし、標高も長野方面や日光など他県のスノーシューコースに比べれば、随分と低いので気温も高いほうです。)

長袖のロングシャツを選ぶときに、寒いのが嫌だからといって首周りが長いもの(ハイネック)を選ぶ人がいます。
気温が低いときはいいのですが、暖かい日などに暑くなってきても、温度調節が効きません。

寒いのが心配な人は、首周りの保温はマフラーやネックカバーなど、すぐに取り外せるものを使用するのがいいと思います。


こういった選択にはもちろん個人差がありますので、ロングネックの肌着でなければ耐えられないという人もいるかもしれません。
実際に何度かスノーシューを体験していくうちに、自分にあった服装が落ち着いてくると思います。

必要な持ち物リスト表へ

装備

スノーシュートレッキングに必要な装備の説明。群馬県水上温泉のハッピースノーシュー
スノーシューコース


新着情報
5/24、三国峠(2017年5月28日)
一ノ倉出会いの雪の壁(2017年5月24日)
関連サイト