Top > 装備 > スノーシュー(西洋かんじき)

スノーシュー(西洋かんじき)

まずはこれが無いと始まらない、肝心のスノーシューです。

スノーシュー本体
値段は様々ですが、里山のハイキング程度ならばそんなに高価なモデルを使用する必要はありません。

ただ、廉価版のモデルの中にはいかにも間に合わせ的な物もあり、さすがに歩き辛いことがあるので注意が必要です。

スノーシューを選ぶ時の目安に適応体重というものがあります。

実はスノーシューハイキングではこの適応体重というものはあまり気にしなくて大丈夫です。

条件の厳しい山岳地帯へのアタックなどでは、かなり厳密に体重(荷物含む)と適応体重とを合わせる必要があるんですが、里山を皆と一緒にハイキングする場合などは、それほど気にする必要はありません。

むしろ、適応体重を気にして大きいモデルを履いてしまうと歩きづらくなってしまうこともあります。

 

必要な持ち物リスト表へ

装備

スノーシュートレッキングに必要な装備の説明。群馬県水上温泉のハッピースノーシュー
スノーシューコース


新着情報
市民ハイキングで尾瀬へ(2017年7月18日)
上州武尊(牧場コース(2017年7月11日)
関連サイト