Top > 装備 > 靴下(ソックス)

靴下(ソックス)

靴下はどんなものがいいかというと、やはり厚手の保温性の高いものがいいです。

こちらで用意しているレンタル用のブーツは厚い保温素材がついていて、かなり暖かめですが、それでも冷え性が心配な女性の方などは、靴下も暖かめのものをご用意ください。

スノーシュー靴下

寒さに対する強さは"基礎代謝"という個人差によって変わってきます。

人によっては厚手の靴下を履くと暑くて汗をかきすぎてしまったります。こればかりはご本人でないとどんな靴下がいいかの判断がしづらい場所です。

また、足先の毛細血管の本数や太さなども人それぞれです。

毛細血管が健康な人は冷えにも強いです。


○ ウールの靴下がお勧め。

ウールは保温性に優れていて、汗である程度濡れてしまっても保温性が保たれます。

抗菌作用も強いので臭いも気にならずに、冬山用として凄くお勧めです。

(私も殆どウールの靴下を使っています)

欠点は値段が少し高くなることと、強度が弱いので寿命が短いかもしれません。

 

○ 化学繊維の靴下もOKです。

ナイロン、ポリエステル、アクリルやその他の化学繊維のものは速乾性に優れています。

汗をかいても乾くのが速いので、冷たくなりづらいのが特徴です。

ただ冬用のブーツは夏物に比べると通気性が落ちますので、靴の中に汗が溜まりやすくなります。

そうなると化学繊維の「速乾性」という利点が生かしづらくなることも。

汗っかきの人、素早く山頂にアタックするなど汗を多くかくのが予想される時などにお勧め。

欠点としては、汗をかいた後に臭いが気になることがあるのと、毎日のように履いていると肌荒れすることがあります。

 

○ ウールと化繊の混合

最近、このタイプが多くなってきました。

ウールの利点と化繊の利点が上手く合わさっています。

 


× 木綿100パーセントの靴下は駄目です。

ただ、スノーシューハイキングは登山などに比べると標高も低いコースを歩きますし、時間も短いです。

高山帯を歩いたりするわけでなければ、そこまで靴下選びにシビアにならなくても大丈夫です。


実際、私は衣料販売のチェーン店などで購入した、綿と化学繊維の混入素材の靴下を履くこともあります。

(歩く距離も短くて、お天気の良い日などです)。

綿100%の素材はさすがに駄目ですが、綿と化繊の混合素材でしたら日帰りのスノーシューハイキングなら状況次第では使用できます。

 

ただし、寒さに対する強さというのは人によって差がありますので、冷え性や寒がりの方はウール100%などをお勧めします。

雪の多い日、寒気が入ってきてる日や、標高の高いコースを目指す日などはきちんとしたアウトドア用の素材のものを選んでください。

必要な持ち物リスト表へ

装備

スノーシュートレッキングに必要な装備の説明。群馬県水上温泉のハッピースノーシュー
スノーシューコース


新着情報
5/24、三国峠(2017年5月28日)
一ノ倉出会いの雪の壁(2017年5月24日)
関連サイト