Top > 新着情報 > 裏妙義、谷急沢。

裏妙義、谷急沢。

谷急沢:右股。

2019/10/17.

 

ガイドではなく、沢登りのプライベートで裏妙義の谷急沢へトレーニングで行ってきました。

谷急沢。

ちなみに、更新をさぼっていたので10月の記事を今載せていますが...

武尊山

アップしているのは、12月に入ってから。

御覧の様に武尊山には雪が積もってます(例年より全然少ないですが)。

明日、今冬初のスノーシューのガイドをする準備をしながら、沢登りの記事を書いてます(汗

 

裏妙義谷急沢。

地図読み

沢地形の地図読みの訓練とか。

70リットルザック

日帰りなのに、必要もない70リットルザックにパンパンに荷物を詰めて、重い荷重での岩の上り下りとか。

ザイル確保

ザイルを使っての確保の練習とか。

沢というのは、登山道よりも現在地の把握も難しく、危険も多く、通過に技術が必要になります。

山での総合力が求められる、非常に泥臭いガイディングも必要です。

 

ガイドの総合力をアップするのには、非常に有用です。

 

ちなみに、よく妙義に行くガイド仲間がこんなこと言ってました。

谷急山の北に有る山急山の読み方「やまきゅう山なのか、さんきゅう山なのかどっちですか?」と地元の人達に聞いても、「どっちも使われてるからどっちでもいいよ」と言われたそうです。

 

2019年10月17日。

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です