Top > レンタル > スノーシュー

スノーシュー

スノーシュートレッキングのツアー、これが無ければ始まりません。


地形が複雑な水上町では平地用のハイキングモデルでは結構苦労する場面が多いです。

レンタルは傾斜地にも強いタイプのモデルををご用意しています。

もちろん、ご自分のスノーシューをご持参されても結構ですが、コースによっては平地用のモデルではご参加いただけない場合があります(谷川岳など)。

 

・ハッピースノーシューで用意しているレンタル用スノーシュー

レンタル用スノーシュー

MSRデナリアッセント。

 

MSRスノーシュー

MSR EVOツアー(上)、EVOアッセント(下)。

 

アトラススノーシュー

アトラス バックカントリー。

山岳用スノーシュー

アトラス アスペクト24

 

タブススノーシュー

 

タブス FLEX-VRT

 

全て登山用のモデルですが、平地で歩き難いというのは誤解です。

疲労の激しい登山で使う為に軽量化が進んでいますし、「歯が多いから引っかかって抵抗になる」なんて言う人も居ますがそれも誤解です。

歩くときに引っかかり易い歯が付いているようなら、危なくて登山では使えません。

平地用のモデルに比べて、欠点が有るとすれば値段が高いことだけです。

 

値段以外の面で選ぶとすれば、平地用モデルよりも迷わず山用のモデルを選んだほうが良いと思います(水上町のような山間のコースが多いところではです)。


 

 

レンタル用品一覧へ

レンタル

スノーシューコース


新着情報
白馬のガイドへ行って来ました。(2017年10月16日)
9月谷川馬蹄形。(2017年10月10日)
関連サイト