Top > ツアーレポート > 大幽コース > 快晴、新雪の大幽洞窟

快晴、新雪の大幽洞窟

青空の大幽スノーシュー。

2016/2/18 木曜。

 

昨日は吹雪いたと思ったら、今日は快晴。

しかもシーズンに何度も無いんじゃないかというくらいの青空っぷりです。

谷川岳

新雪と青空の谷川岳を見ながら車で移動。

藤原湖

藤原湖。

 

大幽登山口

大幽洞窟への登山口からスタート。

 

上の原

谷川岳から朝日岳もくっきり。

こんなに良く見えるのはめったにありません。

谷川連峰

谷川連峰をバックに撮影。

 

歩き出してすぐに、カモシカの新しい足跡。大きいです。

ドングリの殻

ドングリの殻が落ちてました。

リスの仕業かな?

ポーズ

登りが続きますがゲンキなお二人。

先行組のラッセル跡があったので楽でした。

大幽の洞窟

洞窟にて、氷筍と撮影。

ランチタイム

お昼ごはん。

「どんなランチが出してるとか、手作りだとかちゃんとアピールしなきゃ駄目よ~」とアドバイスされました。

次回は食べる前にちゃんと写真撮ってみます。

下り

登りは楽でしたが、下りはちょっと難しい日でした。

青空

後ろを振り返ると空があまりに青かったので撮影。

「あっち側だけ何であんなに青いんだろう?」と不思議がっているので、「あの空の下は尾瀬ですから。あれはつまり尾瀬の空です」と説明。

そう言った後で、なかなか良いキャッチフレーズ!と感じて、次からこのシチュエーションに使ってみます、ということに。

お客さんとの色々なやりとりの中でガイドも育ちます。

 

小鹿(かもしか)の足跡

往路で見た大きな足跡は別のミニサイズのカモシカの足跡。

カラマツの森

カラマツ林の中をレッツ、スノーシューイング!

モン○ルのポスターみたいなイメージで写真撮ります、とお願いしたら見事なポージング。

ゴール

いったん車の前まで出ましたが、あまりに空が青いので駐車場から野原に出て最期の撮影。

えっちゃん、ゆみちゃんお疲れ様でした!

と思ったら・・・

ラスト

最後の最後にドデンと寝そべって雪の冷たさを味わいながら空の青さを眺めるお二人。

満喫していただいて何よりです。

 

2016年2月18日

大幽の洞窟。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

大幽コース

群馬県みなかみ温泉の奥地、宝台樹地区からのアクセス、大幽洞窟コースのスノーシューツアーレポート。ハッピースノーシュー