Top > ツアーレポート > その他のコース > 地吹雪の上州武尊

地吹雪の上州武尊

厳冬期並みでした。

上州武尊、川場スキー場アクセス。

 

リピーターさんの、エミちゃん・ヤっちゃんのリクエストで上州武尊山へ。

先週末の三連休から、今週平日にかけて真冬に逆戻りしたかのような気候です。

武尊スタート

最後のリフトが中々動かず、スタートがちょっと遅れる。

新雪のラッセルととアイスバーンの両方が心配されるコンディションなだけに、この時間の遅れがちょっと心配だったりします。

ゲレンデを上がったところでは、エビの尻尾が張り付いた霧氷。

剣ヶ峰

これから向かう剣ヶ峰が見えてきました。

ガスで見えたり、隠れたり。

ほこら

剣ヶ峰のピーク手前の尾根上に有る祠。

3月末なのに埋まってます。

樹氷

樹氷が出来てました。

いや、この時期に普通は残っている筈が無いので、ここ数日間の寒波で新たに出来たのでしょう。

剣ヶ峰山頂

剣ヶ峰山頂。細いです。

スノーモンスター

剣ヶ峰を降りてから尾根を進むと、さらにしっかりした樹氷が出来てました。

剣ヶ峰下り

剣ヶ峰からの下り。

新雪のスノーシュー気分です。

剣ヶ峰手前

剣ヶ峰を登る手前の雪庇が有るところ。

私のデジカメが修理中なので、スマホで撮影しようかと思ったのですが(スマホ操作対応の皮グローブ)・・・それでもこの風雪の中でスマホ撮影は大変です。

エミちゃんがカメラを二つ持ってたので、一台を預かって撮影。後でデータをシェアして貰いました。

というわけで今回はカメラ三台分の画像が入り混じってるので、時系列がバラバラに混ざっちゃってます。

山頂じゃないよ

オキ武尊ではなくて、剣ヶ峰の山頂の写真。

剣ヶ峰の登山道

剣ヶ峰の山頂を通過中のラッセル跡。

右も左も落ちたらアウトです。

刀の刃の上を歩いてるみたいなものです。

だから、剣ヶ峰山。

スノーモンスターと撮影

巨大なスノーモンスター

剣ヶ峰から晴れ間

これは剣ヶ峰を渡っているところの写真かな。後ろに鬼岩が見えてます。

お昼休憩

風が弱そうなところでお昼休憩。

気温、マイナス6度近いです。

地吹雪

地吹雪ーーー!

山の風速は一定ではないので、ずっとこんなのが吹くわけではありませんが、時折このレベルが吹きつけます。

歩くところの殆どは、風が吹くと強風になる稜線上なので、厳しいように思えますが、新雪が飛ばされるので歩く速度が稼げます。

 

そして、山頂まで通常のコンディションなら5分、今日の深い雪と風・視界を考えると10分から15分はかかるだろうと言う地点で、引き返しを決断。

ラッセル

雪の吹き溜まりに入ると、このラッセルです。

ゴール

ゲレンデ到着が、リフトが止まる約40分前。

それから、写真撮ったりアイゼン脱いでしまったり、お話をしたりなどしてたら、リフト終了の20分前。

万が一を考えたら、山頂を引き返す決断をしたのも仕方がないという行程でした(余裕が出来てきたので、最後剣ヶ峰を渡ったところでお茶休憩などしたのもありますが)。

 

2017年3月23日。

上州武尊山。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

その他のコース

ハッピースノーシューのツアーコース。通常開催とは別に特別開催したところなど。赤城山など。