Top >  装備  > 

スノーシュー雪上ハイキング 装備リスト

スノーシュートレッキングに必要な装備の説明。群馬県水上温泉のハッピースノーシュー


新着順一覧

スノーシュー(西洋かんじき)

スノーシュートレッキングというくらいなので、必要な持ち物といえば真っ先にこれがでてきます。
まずはこれが無いと始まらない、肝心のスノーシューです。 値段は様々ですが、里山のハイキング程度ならばそんなに高価なモデルを使用する必要はありません。 ただ、廉価版のモデルの中にはいかにも間に合わせ的な物もあり、さすがに歩き辛いことがあるので注意が必要です。

スノーシュー(西洋かんじき)のページを見る>

ブーツ(防寒、防水)

スノーシュー用ブーツ、靴。防水防寒性の暖かい物が必要。群馬県水上町ハッピースノーシュー
雪上トレッキングの快適さを求めるためには、スノーシュー本体よりも大切かもしれません。 いくらスノーシューを履いていても、ある程度は雪の中に足が沈んでいきます。 防寒性の低い靴では足先がどんどん冷えてきますし、防水性が低ければ水が染みてきてしまいます。

ブーツ(防寒、防水)のページを見る>

ストック・ポール

スノーシューに必要な道具にストックがあります。山用のものではなくスキーで使うよなものが好ましいです。
スキーじゃないのにストックが必要なの?って思う人もいると思います。 別にスキーのように激しい動きをするわけではないのですが、ストックが有ると無いとでは歩き易さが格段に変わってきます。 登山でも補助のためにストックを使ったりし

ストック・ポールのページを見る>

靴下(ソックス)

スノーシューに適した靴下、ソックス。
靴下はどんなものがいいかというと、やはり厚手の保温性の高いものがいいです。 こちらで用意しているレンタル用のブーツは厚い保温素材がついていて、かなり暖かめですが、それでも冷え性が心配な女性の方などは、靴下も暖かめのものをご用意ください。 寒さに対する強さは"基礎代謝"という個人差

靴下(ソックス)のページを見る>

インナー・肌着

スノーシュートレッキングに必要な装備。インナー、肌着。
インナーや肌着のレンタルはございませんので、ご持参ください。 化学繊維やウール、シルクなどの長袖の上下を着るのが一番です。 木綿のものは汗を吸い込むと濡れたままになってしまい、体を冷やしてしまいます。 肌触りを良くする為や価格を下げ

インナー・肌着のページを見る>

スノーシューの服装

スノーシューに必要な服装。ハッピーアウトドアのスノーシューツアーご参加の為の目安にしてください。
防寒と防水の服装が必要です。 スノーシューハイキングでしたら、スキーやスノーボードのウェアなどで大丈夫です。 山登りをされる方などで、山登りの服装の上に山岳用のレインウェアをお持ちになる方もいらっしゃいますが、

スノーシューの服装のページを見る>

フリースや保温着

スノーシューに必要な持ち物、フリースはどんなものがよいでしょう?
ウェアの下に着る中間着。 あまり厚手のものを着てしまうと、汗をかきすぎてしまいます。 チャックで前が開閉できるタイプのものならば、体温調節がしやすいです。 厚手の木綿のものなどを着てしまうと、一度濡れたらなかなか乾

フリースや保温着のページを見る>

日焼け対策

スノーシューで雪山を歩くときに気になる日焼けはどうすれば?
スノーシューでのトレッキングで欠かせないものに、日焼け止めがあります。 雪というのは、紫外線の反射率が物凄く高いので、夏の日光浴並に日焼けしてしまいます。 曇っている日でも、結構紫外線が強かったりします。 日焼けが気になる人は、必ずご用意ください。 それ

日焼け対策のページを見る>

サングラス

スノーシュー参加の際に必要な持ち物、サングラス。紫外線から目を保護します。
雪の中を歩くときに、とても大事なのがサングラスです。 雪は太陽光の反射率がとても高く、きれいな新雪では紫外線の反射率が90%くらいになることもあるそうです。 (海水浴で海からの反射が40%くらいだそうです。) サングラスやゴーグルをつけないで、晴れた日

サングラスのページを見る>

帽子など

スノーシューに必要な持ち物、帽子。群馬みなかみ町ハッピースノーシュー
頭というのは、体温が逃げていきやすい場所です。 お天気がいい時でも、かならず用意しましょう。 気をつけたいのは、必ず耳が隠れるタイプの物を選ぶことです。 耳というのは寒風に吹かれやすいし、体温も逃げやすい場所です。

帽子などのページを見る>

スノーシューコース


新着情報
スノーシュー(西洋かんじき)(2015年2月21日)
ブーツ(防寒、防水)(2015年2月21日)
関連サイト