Top > 新着情報 > 玉原スノーシューコースの下見に行ってきました

玉原スノーシューコースの下見に行ってきました

2008年1月11日

玉原湿原スノーシューコースのチェックに行ってきました。


武尊連峰

武尊山、剣が峰山を望めるコース。眺めがいいです。


玉原湿原玉原(たんばら)のスノーシューコースは、湿原の上に雪が降り積もったところを歩くので、積雪量が少ないと湿原を痛めてしまいます。

雪はかなり積もっていたので、湿原の上も歩けそうな感じです。

ところどころ、水が流れているところは雪が薄くなっているので注意が必要か。


キツネの足跡今日はスノーシューではなく、テレマークスキー(歩くスキー)で行ってきました。

ウロコ板の方はソウルが剥がれかかっていたので、滑走用の板にシールを張って持っていきました。

ウロコ板、まだ5回くらいしか使ってないのにな。

スキー板の前にあるへこみはキツネの足跡。


キツネの足跡とウサギの足跡湿原の上は見晴らしもいいので、動物の足跡も見つけやすい。

左にウサギの足跡、右がキツネの足跡。

写真で見ると「キツネの足跡の方、ちょっと大きくない?」と思うかもしれませんが、行きに歩いた足跡の上を帰りにも踏んで歩いてるので少し大きくなってます。

それでもほとんどぶれてないんだから、見事なフットワークです。


ヤチダモ湿原なので、普段のみなかみ近辺ではあまり見ない木も多いです。

写真はヤチダモ。

明日は玉原のコースに行ってみようかと思います。

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です


新着情報
10月のハイキング(2018年11月18日)
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
関連サイト