Top > 新着情報 > 特別コース、大幽~須原尾根の下見

特別コース、大幽~須原尾根の下見

2008年2月29日

2月最後の日。

普段は行かない、特別コースの下見に行ってきました。

みなかみ高原昨日までは記録的な大雪が降った後の快晴!

一見して気持ちよさそうな雪原ですが、雪がめちゃめちゃ深いです。

通常の3倍の時間がかかりそうな深さ。

うっかり道路に落ちてしまって森に戻れないリス。

ニホンリス

大雪の後に除雪車が道路をかくと、こんな感じで雪の壁ができます。

木に登ることができるリスでも、固く削られた人工的な雪の壁は登れません。

可愛そうですが、どこかで壁の切れ目が見つかるまで頑張って走るしかないです。

谷川岳

天気がいいので、谷川岳もくっきり。

歩き出しはいつもの大幽の洞窟コース。

古木のうろこの雪深い日に、一人分だけ足跡がついてると思ったら先行者が1名いました。

旅は道連れということで、お互いに先頭ラッセルを交代しながら歩く。

写真は、いつも中に入っている古木のウロですが、2メートル近い新雪に埋もれてしまって中が見えません。

大幽の洞窟下の積雪

大幽の洞窟直下の斜面。

前に進もうとすると、腰までの雪が行く手を阻む。

ストックとか完全に埋もれてしまいます。

大幽の洞窟

大幽の洞窟に到着!!

入り口が雪で埋もれそうになってます。

でも、今日はここが終点ではありません。

この洞窟の上のまた上、須原尾根が目的です。

道中、あまりの雪深さと厳しさで写真一切無し。

尾根上に到着すると・・・

尾瀬至仏山

尾瀬の至仏山がこんな近くに。

苦労してきただけはあります。

もうちょっと頑張れば尾瀬まで一息ですね(嘘)

須原尾根

あんな急斜面の上に、つかの間の楽園のような広がりがあるのが須原尾根の特徴です。

ブナやホオなどの木肌が綺麗な巨木が立ち並びます。

苦労してくるだけの価値はありますね~。

ほんとに苦労しますが!


ここに来るには、イベントとか貸切で特別に朝早くスタートしないと無理ですね。

しかも健脚上級者向けコース。

我こそは!というグループがいたら是非お問い合わせください。

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です


新着情報
6月後半、尾瀬学校(2018年7月 8日)
6月の登山ガイド近況(2018年7月 2日)
関連サイト