Top > 新着情報 > 秋の大峰沼ハイキング

秋の大峰沼ハイキング

秋の大峰沼

10月13日の大峰山

 

冬にスノーシューコースの一つとして訪れる大峰沼。

大峰ハイキングコース 

秋の景色もなかなかのものです。

 

自然観察会

地元の小学校の遠足の行程の内、自然観察会のボランティアで行ってきました。

僕の子供の頃は小学校から10kmほどの峠道を登ってきて、そこからさらに大峰山のハイキングコースに入ってたんですが、

今はバスでハイキングコース入り口まで直接来るみたいです。

 

子供達が森の中のことを色々知ってるのにちょっとビックリ。

観察会に先駆けて、授業で色々勉強してるせいもあるんでしょうが、私の子供の頃と違って情報が得易いせいもあるんでしょうね。

 

サラシナショウマ

サラシナショウマの花後の種。

 

食痕

朽木の根元を動物が掘り返した食痕。

恐らくイノシシか何か。

こういうのは冬季のスノーシューでは雪に隠れて見えませんね。

 

大峰沼

大峰沼。

中央に関東で最大最古(色々な説があるので順位が定まってません)と言われてる泥炭の浮島があります。

これも冬は雪の下になるので見れませんね。

 

ハイキングコースとしては穏やかで、歩いていて面白いコースです。

ふと『スノーシューで来るよりグリーンシーズンの方が面白いんじゃ?』と思ったりしちゃいました。

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト