Top > 新着情報 > 玉原湿原に行って来ました!

玉原湿原に行って来ました!

玉原湿原。

2009/12/22、玉原湿原コース


やっと降ってくれた大雪で、いっきにスノーシューコースが雪で埋まりました。

玉原高原道路

降りすぎというくらい降ってます。。

ニュースではみなかみ町の藤原地区で90cm。例年の3倍だそうです。


今日は玉原高原にあるスノーシューコースのチェックに行って来ました。

浅間山

たんばらスキー場から見える浅間山。


剣ヶ峰山

かなりの晴天です。剣ヶ峰山が綺麗に見えています。


たんばらブナ林

天然のブナ林へと入っていきます。


積雪膝下

スキー場脇の積雪は、スノーシューを履けば膝下くらいまで。


ホオノキ

意気揚揚と森の中へ。


谷川岳

遠くには、水上町の谷川岳も見えてます。

日当たりのいい所では膝下くらいですが、森に入るとすぐに膝までくらいの深さに。

一気に積もった雪なので、まだ締まっていないから沈みがちです。


動物のあしあと

なにやら動物の足跡が。

小さいです。


鼠の足跡

ネズミの足跡でした。

足跡というか、体全体が沈みこんでしまっている体跡ですね。

尻尾を引きずった線までついてます。


クロヅルの翼果

雪の上にパラパラと何かが。

ニシキギ科のクロヅルの翼果。


セッケイカワゲラ

雪の上をはっている黒い小さな虫。

冬に羽化して産卵の為に旅をするセッケイカワゲラ。

雪渓かわげら対比

これぐらい小さいです。


大き目の足跡

先ほど見つけたネズミの足跡に比べるとだいぶ大きなものが。


テンの足跡

テンの足跡でした。


テンの糞

テンのフン。

玉原湿原入り口

湿原の入り口に到着。


スノーシューの足跡

この大きな足跡は!

私のです。

この辺りまでくると、スノーシューを履いてなお膝上まで沈みます。


玉原湿原

湿原に近づいていくと、腰まで沈むくらい。

雪が底の方までサラサラで、固まっていませんでした。

足元に木道や藪がある所は空洞化していて、さらにズボっと。

もう少し雪が締まるまで、湿原の方は入らない方が良さそうです。

安全面もありますが、雪を踏み抜いて湿原にダメージを与えてしまうといけません。

もう何日か経てば安定してくるでしょう。


ブナの森

湿原の方に入るのはやめて、ブナの森を通って戻りました。


豊かな原生林

玉原のブナの森と湿原のスノーシューガイドツアー、是非参加してみてください。

 

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です


新着情報
6月後半、尾瀬学校(2018年7月 8日)
6月の登山ガイド近況(2018年7月 2日)
関連サイト