Top > 新着情報 > レンタルスノーシューを追加購入

レンタルスノーシューを追加購入

子供用スノーシュー。

MSRシフト/ライトブルー。

 

ジュニアサイズのスノーシューを購入しなおしました。

以前、別メーカーのものを使っていたのですが、ストラップが緩み易くて途中で脱げてしまうことが多かったので新たにMSR製のものを買い足し。

MSRシフト

MSRのシフト。

ブーツサイズは20~26cm。

子供用で26cm?!って結構大きいですね。

海外メーカーなので、外人さんは足が大きいとは言えちょっと大きすぎじゃないでしょうか。

まあ冬の靴はサイズが大きくなりがちですし、スキー靴やスノーボードブーツを使う人も居ますから、子供用とは言え大きくなるのは仕方ないかもしれません

えあらんたん

ついでに同じ代理店が扱っていた、ソーラーパネル式のランタンを購入してみました。

もちろんスノーシューのツアーでは使いませんが、夏の登山やキャンプに良さそう。

これも以前、別メーカーの似たようなタイプの商品を持っていたんですが、当時の技術ではソーラーパネルやバッテリーが重くて登山に持っていく気がしませんでした。

技術の進歩って早いですね~。

ロープ

もう一点、補助ロープも新しいものを購入。

雪山登山のときに使うものではなくて、スノーシューハイキングの時に荷物の中に忍ばせておくものです。

たとえ平地のコースでもロープは持って行きます。

緊急時のツエルトの設営や、ソリ搬送などで必要になる場面も有り得ますし。

 

ちょっとでも斜面があるコースなら、斜面の昇り降りが怖い人の為には使用することがあります。

斜面を降りなくても回り道で降りれば済むコースならそれでよいですが、大幽洞窟コースのように斜面を降りる以外に選択が無い場合は、ロープを使ったりします。

ロープが無いと降りれないような斜面では、けっしてありませんが、それでお客さんが安心して降りれるのならそれに越したことはないですしね。

 

2016年2月4日。

 

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト