Top > 新着情報 > 7月のトレッキングガイド

7月のトレッキングガイド

みなかみと片品と。

7月中盤~後半。

 

夏、高所登山以外の仕事だと尾瀬と一ノ倉トレッキングのガイドが主なものになります。

忙しくて個別にアップ出来なかったので、時系列や順番を無視して、まとめてアップします。

花豆とっぴんぐ

夏。尾瀬と言えども、かなり暑いです。

画像は、山ノ鼻小屋の花豆トッピングソフト。

ミズバショウ刈り込み

とある日、レアな光景に遭遇。

テンマ沢田代のミズバショウ群の実が熟すと熊が食べに来て居座ってしまうため、木道周辺のミズバショウの実を刈り取る作業をしていました。

作業中

ビジターセンターのスタッフさんとか、尾瀬保護財団の職員さんとか達が総出で行ってました。

サービスで、作業状況をお客さんに見せてくれる財団職員の人。

 

結構な重労働ですが、場合によっては人が襲われてしまうので夏になると急務らしいですね。

コエゾゼミ

夏らしい景色。

コエゾゼミの脱皮シーン。

 

おにシモツケ

オニシモツケ。

 

セリ科

大型のセリ科。

セリ科は特定が難しいのですが、ミヤマシシウドかミチノクヨロイグサかどちらか。

葉っぱの裏を見て、葉脈に毛が無ければミチノクヨロイグサだそうですが・・・木道から逸れることが出来ない尾瀬ではそこまで見ることが出来ないケースが殆どです。

チョウカイアザミ

コオニユリ。

湿原

尾瀬ヶ原。

夏っぽくなってます。

ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボ。

雄と雌の交尾。

 

キンコウカ

キンコウカが一面に。

モウセンゴケの花

ナガバノモウセンゴケの花。

 

すぎなも

スギナモ。

寒冷地の水域に限って繁殖するらしいですが、希少種と記載されてるものや、場所によっては繁殖しすぎて雑草扱いみたいな記述も見かけます。

昔はそれなりに広い地域に分布してたのが、現在ではだいぶ繁殖地を減らしてしまって希少というところでしょうか。

コタヌキモ

続いて、水生の植物。コタヌキモ。

水生の食虫植物です。

竜宮辺りに行くと、探さなくても勝手に目に入るほど咲いているのですが、上田代近辺では意識して探さないと見逃すことが多いです。

クルマユリ

クルマユリ。

オオウバユリ

オオウバユリ。

マルバダケブキ

マルバダケブキ。

セミの幼虫

セミの幼虫。

木道上を歩いていたので、逃がしてあげました。

オタカラコウ

オタカラコウ。

みやましぐれ

ミヤマシグレ。虫がいっぱい付いてました。

テント場

山ノ鼻のテント場。

夏は個人の登山者が増えるので、テント場もいっぱいです。

ノアザミ

ノアザミ。

カキツバタ

カキツバタ群生。

トキソウ

トキソウ。

オニノヤガラ

オニノヤガラ(腐生植物)。

 

日陰が無く、盆地地形(輻射熱が溜まり、風も吹きにくい)の尾瀬ヶ原の仕事が続いて熱中症になりかけましたが、

一ノ倉沢ハイキングの仕事に切り替わったら、一気に体が楽になりました。

一ノ倉

標高は尾瀬よりも低いですが、ほとんどの場所がブナ林の木陰なのと、谷筋の為に風が吹くこと、南西側に雲が発生しやすくて日陰ができやすいこと、

などなどの理由で、熱中症知らずのコースです。

クサアジサイ

クサアジサイ。(日本固有種)

一ノ倉沢コースでは、夏にこの花が目立ちます。

マチガサワ

マチガサワと谷川岳。

あかとんぼ

赤とんぼの仲間。

種類が多すぎて、とても見分けがつきません。

りょうぶ

リョウブ。(令法)

ほつつじ

ミヤマホツツジ。

一ノ倉

一ノ倉の岩壁。例年より少ないとは言え、雪渓がまだまだ残ってます。

まっちゃん

ここは木陰ではなくなりますが、雪渓からの冷たい空気。

水温がほぼ一桁の(流量や気温によって変わりますが)沢水、噴き上げる谷風、風穴からの冷気等々、色々涼しいです。

一ノ倉沢

こんな晴天でも、水温系を持っているガイド仲間が計ったら水温は一桁でした。

コエゾゼミ2

一ノ倉にもコエゾゼミ。

尾瀬と似てますね。

にほんざる

ニホンザル。

群れで居ましたが、この猿だけこっちを睨んでました。

ボスざる?

蜂

私の手を一生懸命物色していた蜂。

トラマルハナバチかな?

ブナ林

コースの99%はこういった森の中。

熱中症知らずの自然体験として、この暑い夏でも教育旅行で大活躍です。

ヤマブドウ

ヤマブドウの実。

そふとくりーむ

涼しい森の中とはいえ、暑い日はやっぱり暑いので、終わった後にソフトクリーム。

 

2018年7月。尾瀬・一ノ倉沢の自然解説ガイド。

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です


新着情報
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
10月の尾瀬や一ノ倉(2018年10月17日)
関連サイト