水上/スノーシュー

スノーシューガイド/群馬県みなかみ町/ハッピースノーシュー

尾瀬ヶ原スノーシュー

開催場所:群馬県尾瀬(ゴールデンウィークとその前後)

尾瀬スノーシューツアー

■開催場所:群馬県尾瀬(ゴールデンウィークとその前後)

開催期間:4月末日~5月中旬くらいまで。(積雪により異なります)

参加費:12000円(消費税、保険料金込み)

*集合時間が早いため、前日宿泊の場合は宿代が必要になります。また尾瀬行きシャトルバス料が必要です。

車で直接現地駐車場に向かう場合は別途駐車場代がかかります。

 

送迎あり。沼田市から尾瀬片品村の間のお宿にお迎えに行くことが可能です。

(ルートから離れすぎていると時間が遅くなってしまいますので、事前に相談してください。)

 

レンタル装備

ブーツ1000円

スノーシューもしくはアイゼン(ストック付き)500円。

登山用パンツ、ジャケット、レインウェア上下=2000円。

登山用ザック=500円。

グローブ、帽子、サングラス=無料。

*当日受付にてお支払いください。


■ツアー開催条件・参加資格のお知らせ

最小開催 2名様

*参加はお一人様からでも受け付けております。是非お問い合わせください。


年齢:中学生以上。

健康:日常生活で健康に不安が無いかた。

体力:ハイキングや運動などを普段からしている方。

登山経験:夏山の低山でもよいので、定期的に登山をしていて今も続けている方。(不安なかたはご相談ください)

その他:飲酒、寝不足、妊娠など体調に心配が無いかた。


■当日の流れ

6:00頃 沼田市周辺の宿。

途中、川場村や老神温泉の宿など

7:00 尾瀬戸倉近辺の宿

7:20 群馬県片品村尾瀬戸倉(合流場所はご予約時にお伝えします)

7:40 シャトルバス乗り換え(有料です)

8:10 尾瀬鳩待峠に到着

準備が出来次第、歩き出し。

山ノ鼻~尾瀬ヶ原~山ノ鼻~巨大カラマツ。

2:30~3:00 鳩待峠下山予定

*鳩待峠へ戻ってきて、現地集合の方はここで解散。駅や宿泊の方はお送りいたします。

時間があったら温泉に寄ったりしてみましょう!

*時間は大体の目安です。状況により帰りが遅くなったり、速い時間で上がったりすることがあります。

 


■尾瀬ヶ原スノーシューの画像

尾瀬スノーシュー

尾瀬の入り口の一つ、鳩待峠。

憧れの尾瀬ヶ原へとスタート。

 

鳩待峠からの道

峠道。

斜めの急斜面を降りていくので、スノーシューよりもアイゼンの方が安全です(足首も痛くない)。

実は序盤のみですが、至仏山の斜面よりも急傾斜です。

 


川上川

夏道とは違ったところを歩く箇所も多いいです。新鮮!?


曲がりブナ

雪で曲がって、オバケのQ太郎みたいになったブナの木。

夏ならば木道から離れて見てますが、こんな近くで見ることもできます。


ミズバショウ

ミズバショウの花が咲いていることもありますが、あまり期待はしないでください。

年にもよりますが、まだまだ雪の時期です。


山ノ鼻ビジターセンター

山ノ鼻に到着。

トイレが使えるのが嬉しいですね。


尾瀬ヶ原のスノーシュー

広々とした尾瀬ヶ原。

木道にとらわれず歩けます。

 

木道歩き

雪解けや降雪量のいかんによっては、木道で歩くことなることもあります。

記録的な雪不足の2016年は、最初から雪がなくなって、春と同じコースでした。


スノーシュー尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原の果てに、福島県の燧ケ岳。


山小屋休憩

お弁当持参のコースですが、山小屋で暖かいトン汁でも頼んで皆で休憩したりとかもできます


・尾瀬のガイドのレポートを見る


■装備

■服装:雪の中を歩くための、防水性と防寒性のあるもの。上着はフードが付いているもの。

例1 登山用ウェア+防水レインウェア+防寒用のジャケット

例2 スキーやスノーボード用のウェア

*五月に吹雪になることも珍しくありません。

もちろん暑い日は汗ばむほどになりますが、後半に急に冷え込んだりなど温度変化が激しいです。


■手袋:スキー用の手袋に相当する以上の物(フリースや毛糸の手袋だけでは不可。その上にゴアテックスのような防水素材のオーバー手袋が必要)。

雪山では手袋が濡れたり、中に雪が入ると致命的になることがあります。念のために予備手袋もご用意を。


■帽子:ウールやフリース素材などで、防寒性が高く頭にフィットして耳をカバーできるもの。

フェイスマスクやネックウォーマーなども予備で持っていると心強いです。


■サングラスかゴーグル:紫外線の反射率が高い(目安として反射率90パーセント以上)もの(レンタル有り)。


■履物:クルブシよりも高いハイカットのもので防水性の高いもの。ウールや化繊など保温性の高い厚手の靴下。


■用具:スノーシュー、ストックのセット。ザック(バッグ)。それぞれレンタル有り。

*スノーシューは山岳用タイプ(登坂用のサポートがある物が好ましい)。

*雪の状況によりアイゼンを使用します。アイゼンレンタルも有ります。

*バックは昼食やペットボトル、予備の防寒用の服などが入るもの。


■飲食物:お昼ご飯、休憩時のお菓子、飲み物など。

*暑い日には500mlペットボトル3本を飲み切ってしまう人もいます。

*天候が悪い時はゆっくり食事をする時間がありません。パンなど簡単に食べられるものを。

*カップラーメンだけを持参しても、作れる状況では無いことも多いです。

例:パンやサンドイッチ等が好ましいです。オニギリは低温では凍ることがあります。

吹雪いてきて、お湯を沸かせるような状況でない時に、「カップラーメンしか持って来てません」なんて状況になったら・・・

*カップラーメン等を用意するのはかまいませんが、調理できない時の為のパンなども必ず併用してください。

 

*服装やブーツ、スノーシューセットなどはレンタルがございます。

事前に必要なサイズと数をお知らせしてご予約ください。

当日では用意できないことがございます。

注:スノーシューは山岳用のモデルが必要になります。ご自分のスノーシューが不安な方はご相談ください。


ご参加のお申し込みはこちら
コース参加申し込みへ

直前でのキャンセル、人数の減少の場合はキャンセル料金をいただくことになります。変更のある場合は、必ず事前にお知らせください。

キャンセル料:

10日前~4日前=10%  3日前=30% 前日50% 当日100%

 

■ツアーのご予約

電話0278-64-2151

お問い合わせメール<toiawase@happy-snow.com >

■天候の影響について

山岳地帯で行われるガイドツアーです。

天候の急変、災害などによりツアーの途中にて引き返す可能性がございます。

出発前の場合は、もちろん料金はいただくことはございません。

ですが、現地までにかかった旅費・交通費等はお返しすることはできません。

大変申し訳ございませんが、ご了承御願いいたします。