Top > 新着情報 > 10月21日の尾瀬ヶ原

10月21日の尾瀬ヶ原

10月21の尾瀬ヶ原。

今年最後の尾瀬の仕事でした。


尾瀬ヶ原

私が直接お客さんを募集しているプライベートツアー、今年最後のお客さんでした。

10月は尾瀬の入山者が一番少ない時期。

ガイド個人の募集にお客さんが来るのは結構珍しかったりします。

 

水上町からコンロク峠経由で尾瀬に向かう。

コハウチワカエデ等

途中、照葉峡でちょっと車を停めて景色や紅葉の撮影。

もう尾瀬は紅葉が終わってるので、途中の少し標高低い辺りが最盛期でした。


鳩待峠

鳩待峠。

山荘も営業を終えて、だいぶ寂しくなってます。

 

オゼヌマアザミ

テンマ沢田代の辺り、幾つか花が咲いていました。

数日前に小春日和が続いたので、間違えて咲いてしまったのでしょう。

 

川上川

川上川。

すっかり水が減っています。

 

尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原に入る。

すっかり茶色の世界です。

 

せり科

ところどころ、僅かに花が咲いてたりします。

セリ科の植物、ドクゼリかな。

 

ズミの実

もちろん秋の実りも見られます。

ズミ(バラ科リンゴ属)の実。

 

木道

人が誰もいない木道を撮影するなんていうのも、この時期ならではですね。

 

池塘

帰り道。

来るときにカルガモが二羽いた池塘のところで、まだ二羽いたので同じ個体かなと思ったら、

 

カルガモ

来るときに見たのよりもだいぶ小さい。

いかにも今年生まれましたっていう感じのカルガモ。

お客さんと一緒に「無事に冬越せよ」と声を掛けつつ通り過ぎました。

 

草紅葉

静かな湿原を眺めな終えてから帰路の山道へ入る。

 

山道

また来年、尾瀬に来るのが楽しみです。

 

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト