Top > 新着情報 > 今年の尾瀬もそろそろ終り

今年の尾瀬もそろそろ終り

秋の終わりの尾瀬

2013年10月末。

 

10月も半ばにになると、早いところでは休憩所や売店などが閉まり始める尾瀬。

賑やかな鳩待峠側ならともかく、大清水ルートではうっかり山小屋の食事をあてにしていくと、大変な目にあったりします。

尾瀬がはら

そんな鳩待からのルートでも、もう今週辺りから閉まりはじめる施設も出てきます。

 

至仏山

11月の頭には、全ての山小屋が営業を終わります。

そんな寂しくなった尾瀬も郷愁を感じていいですね。

 

下田代

最後に見晴までガイドしてきました。

 

見晴

尾瀬のガイド仕事というのは、今までは99%が旅行会社や学校などの団体から依頼されてするものでした。

それではいけない、と思って一昨年から個人のお客様の募集を細々と始めたところ、年に数回は個人のお客様が来てくれるようになりました。

それでも、まだまだ旅行会社や学校からの依頼がほとんどですが、少しずつ個人客の割合が増えていってます。

せっかくの尾瀬、団体で来てぞろぞろ歩くのではなくて、少人数で色々見たり感じたりしながら歩いてみたいものです。

 

■尾瀬ハイキングツアーのサイト

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です


新着情報
6月後半、尾瀬学校(2018年7月 8日)
6月の登山ガイド近況(2018年7月 2日)
関連サイト