Top > 新着情報 > 鳥海山、月山ガイド

鳥海山、月山ガイド

東北遠征してきました。

7月12~13日。

 

山形、秋田と遠征でガイドをしてきました。

鳥海山と月山。

日本海

初日、群馬を出て鉾立口に到着。日本海が見えてます。

鉾立山荘

翌日早朝に到着するお客さんと合流するために、前泊で鉾立山荘に。

料金が超お得で安い上に、中身が綺麗だったりコンセントが自由に使えたりキッチンに電子レンジが有ったりと快適でした。 

きさかた

象潟口から入ると、長い間は石段と石畳で、緩い徒歩だったのですが、真夏になっても残る雪渓が途中で行く手を阻みます。

朝一番で登った登山者のグループが「6本爪アイゼンでは歯が立たなかった」と言って引き返してきました。

 

うちのお客さんは6本爪、4本爪、持ってない人と入り混じってます。

湿原

ガイド二名で、ピッケルを使ってステップを作って無事通過。

湿原の地帯へ入りました。

 

ハクサンいちげ

御浜、扇子森と過ぎて一面のハクサンイチゲ。

感動の風景でしょうが、雨風で見る余裕もあまり無く、写真も雨粒で上手く取れません。

 

七五三掛

七五三掛から先、外輪山も谷側も風のレベルが一段と上がるので、引き返し。

頂上は踏めずでした。

チョウカイアザミ

チョウカイアザミ(鳥海山特産)も見れたのでよしとしましょう。

ひなざくら

ヒナザクラもありました。

 

チョウカイラーメン

下山後、お弁当は有りましたが食堂で鳥海ラーメン。

 

翌日、月山。

月山登山口

羽黒コースから。

雨は鳥海山よりもマシなのですが、強風予報。

 

湿原

弥陀ヶ原の湿原。

ここは風は当たるけれども、多少弱まるのでなんとか歩けました。

あざみ」

ナンブタカネアザミ。

東北の一部の山にしか自生しないので、これがみれたら嬉しいです。

 

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ群生。

段々、微妙に風下側にトラバースする形になったので、風は弱くなりました。

キンコウカ

キンコウカ、大群生。

池塘

池塘。

オゼコウホネが無いか探したのですが、天気も悪いし深い池塘が木道から遠いので見つけられませんでした。

 

雪渓は鳥海に比べれば、なだらかで余裕で通れたのですが、その先は風下側トラバースではなくて稜線に出ます。

畳石

まだ稜線上ではないのに、稜線が近くなっただけで超強風。

畳石まで来たら、立っていられないお客さんも出てきたので引き返し。

ほんの20mほど戻って風下側に回っただけで、ウソみたいに風が当たらなくなるのですが・・・

この先はずっと強風が当たる地形になっているので、これで断念。

雛ウスユキソウ

畳石まで来ると高山植物が多く、ヒナウスユキソウもありました。

仏沸池小屋で昼食のカレーを頼んでいたので、朝電話を入れたら「風は大丈夫ですよ」と言っていたのですが・・・。

 

悪天候で大変な山旅でしたが、行き帰りの道は旅行気分で楽しみました。

なにせ距離が長いので、旅行のつもりでも無いと大変です。

海

日本海。群馬県人おおはしゃぎ。

イワがき

イワガキ。

やまぶどうアイス

ヤマブドウのアイス。

あぶらあげ

油揚げ?蕎麦。

厚揚げではなくて油揚げらしいです。

チキン

下山後、速やかにたんぱく質補給をする私。

SNSに道中の写真をアップしていたら、旅行に行ってるのかと思われてましたが、ガイドの出張です。

 

2018年(平成30年)7月12~13日。鳥海山、月山。

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です


新着情報
登山研修で宮城へ(2018年12月13日)
岩手県に遠征(2018年12月13日)
関連サイト