Top > 新着情報 > 槍ヶ岳から大キレット、穂高へ

槍ヶ岳から大キレット、穂高へ

槍ヶ岳から穂高へ。

8月21日、槍~大キレット~奥穂高。

 

昨日のうちに登る予定だった槍ヶ岳、雨で翌朝に変更した為、早朝出発。

早朝

朝食の時間の前に、行って戻ってくる作戦です。

小雨の槍山頂

深夜には星も見えて居たのですが、出発するときにはガスがかかり、時折小雨も降るコンディション。

ご来光

この時間だと、まだ数人しか登っていないので山頂で、ご来光を待ってるうちにガスが少なくなってきました。

 

槍ヶ岳山頂

ご来光を見ている皆さん。

雲海

一面ガスに包まれていたのが雲海になりました。

 

槍ヶ岳山荘

足元に有る槍ヶ岳山荘。

見ていると、今から出発する人がそこそこ居るみたいですね。

早朝出発組はごく僅かでした。

山頂写真に

明るくなったところで、記念撮影やり直し。

槍下山

明るくなると、登ってくる人達の行列が見えてきたので下山開始。

これ以降は、あまりゆっくり山頂に居られないでしょうね。

 

朝日

山小屋に、朝日がやっと当たり始めました。

遅い朝食を食べて、穂岳へ向けて出発。

 

お天気が持ちそうなので、大キレット・穂岳へのルートを選びました。

縦走路

朝方が一番お天気が良くて、この後はガスに包まれてました。

トウヤクリンドウ

トウヤクリンドウ。

槍ヶ岳を

振り返れば槍ヶ岳。

 

タカネヤハズハハコ

タカネヤハズハハコ。

イワギキョウ

イワギキョウ。

 

ミヤマタネツケバナ

ミヤマタネツケバナ。(ちょっと確信無し)。

 

ウサギギク

ウサギギク。

 

むかごとらのを

白いサンゴみたいな地衣類。

ちょっと調べたら同じようなのがネットで出てくるのですが、正確な名前が分かりませんでした。

 

天狗原

時折、ガスが晴れて視界が取れますが、見えたり曇ったり。

天狗原。

 

南岳小屋

南岳小屋。

行動食アンド休憩で、コーヒーとかカップラーメンをいただきました。

 

大キレットへ

大キレットへ向けて降りていく。

北穂

時々、ガスが薄くなって見えてくる北穂高岳。

 

視界取れず

あまり視界が通らないので、いまいちスッキリ感に欠けます。

晴れ間

そう言いながらも、一瞬だけ晴れ間になったりするので、山の天気は変わりやすいですね。

シラネニンジン

シラネニンジン。

岩場。

穂高に近づくにつれ、ガスが濃くなって時々霧雨も。

北穂高小屋

北穂高小屋に到着。

喫茶メニューがあまりに美味しそうだったので、ここでも食事休憩。

3日分プラスαのパンに、その他行動食やお菓子類もたっぷり持って来てるのですが…

山小屋ごとに何かを飲み食いしてるせいで、自分の持ってきた食料が全く減らないので荷物が軽くなりません。

雷鳥

ガスってると、悪いことばかりでもありません。

お天気悪いと活発に動く雷鳥をツガイで発見。

 

ガスの中の雷鳥って、全然分かりませんね。

雷鳥アップ

アップで。

カモフラージュ効果ばっちりですね。

ミネウスユキソウ

ミネウスユキソウ。

イワベンケイ

イワベンケイ(雌花)。

涸沢

涸沢が見えてきました。

シコタンハコベ

シコタンハコベ。

穂高岳山荘

今日の目的地、穂高岳山荘。

ブロッケン現象

ガスが晴れたり曇ったりしていたので、ブロッケン現象が長時間出てました。

ブロッケン現象アップ

かなりクッキリしたブロッケン現象。

笠ヶ岳夕日

笠ヶ岳に落ちる夕日。

夕焼け

アーバントロート(夕焼け)に染まる岩壁。

 

2018年8月21日、槍ヶ岳-大キレット-北穂高岳-涸沢岳。

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です


新着情報
9月、谷川岳山頂や山麓(2018年10月14日)
紅葉の至仏山へ(2018年10月 3日)
関連サイト