Top > 新着情報 > 赤城の猫岩。

赤城の猫岩。

赤城山へと。

黒桧~駒ヶ岳。

 

旅行会社のツアーガイドで赤城山へ。

黒桧山大神

大沼の駐車場に車を停めて、黒桧山から駒ヶ岳を回って下りてくる定番パターンです。

赤城神社

途中、登山道横が絶壁になったところでは、ごらんのように絶景になります。

その絶壁のあたりに来ると、この看板が有ります。

猫岩看板

黒桧山登山道の途中に有る、猫岩の看板。

この看板を見ている人は、猫岩を見れません。

山を下から見ると、この下の山肌に猫に見える岩が有るそうです。

私も探してみたのですが、どの岩のことか見つけられませんでしたが・・・

フェイスブックでそんなことを呟いたら、知っている人が写真を送って教えてくれました。

猫岩?

これだそうです。

言われてみても、さっぱり分かりません。

これは現地で探しても見つからない筈ですね。

 

顔なのか、横向きの全身なのかも良くわからなかったので、質問してみました。

正面向きの顔だそうです。

 

ということは・・・

猫岩A案

こんな感じか!?

う~ん・・・目つきが悪いですね。

左目っぽい模様もあるので、そっちを採用してみましょう。

猫岩B案

いきなり可愛くなりました。

どこかで見たことがあるような気がしないでもないですが。

笹寿司

そんなことを考えながら、旅行会社が用意してくれたお弁当、富山名物の笹寿司をいただきます。

酢飯が食欲を誘ってとても良いです。

赤城山頂

程なくして(と言っても、時間は短いけど急登ですが)赤城山最高峰の山頂へ。

 

雲

そのまま駒ヶ岳方面へ移動。

山頂よりもこの辺の方が眺望は良いのですが、ガスってるのであまり眺望は楽しめませんでした。

山頂近くの絶景ポイントも、結局視界ほぼ無しでしたし。

駒ヶ岳山頂

駒ヶ岳を回り、例の鉄階段を降りて下山。

 

 

ニホンジカ

道路沿いに何か居るな~と思い、クルマを停めて見て見ると・・・。

鹿さん

今、赤城で食害が問題になっているニホンジカ。

 

今日から3日間、お客さんと同じ宿に泊まってガイドすることいなっているので、指定された老神温泉の旅館へ移動。

ナナフシ

旅館の駐車場にかなり大き目のナナフシが居ました。

老神温泉

料理

自分ではまず宿泊できない、立派な旅館さんでした。

 

2017/9/7日。

赤城山。

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です