Top > 新着情報 > インタプリタ養成講座@みなかみ町

インタプリタ養成講座@みなかみ町

谷川岳の地質や歴史など。

2019/6/7。

 

令和元年の、インタプリタ養成講座(みなかみ町エコツーリズム)が始まりました。

今日が第一回。

エコツーリズム

午前中は室内。

エコツーリズムの説明、谷川岳の歴史、地質などの座学。

 

講習中

午後は現場にて、谷川岳の地質。

講師として、自然史博物館の学芸員のかたに来ていただきました。

 

ヤマツツジ

ヤマツツジ。

地質の講習ですが、岩の観察を出来る

 

タニウツギ

タニウツギ。

蜂が潜ってます。

 

ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ。

 

モミジイチゴ

モミジイチゴ。

 

イワウチワ

コンロンソウ。

ヒロハじゃないノーマルタイプかなぁ...?葉が尖ってるし。

 

イタヤカエデ

綺麗に紅葉してるカエデの葉。

変な葉の形だなと思いながら確認したら、紅葉してない葉はきちんとしたイタヤカエデの葉になってました。

成長途中で葉柄との間に離層が出来ちゃったのかな。

 

谷川岳

マチガサワ。

 

講習中。

ここは、石がゴロゴロしてるので、重要ポイント。

 

マチガサワ

マチガサワと言えばマムシ岩。

これは花崗斑岩だそうです。

一ノ倉に近づくと花崗閃緑岩。

 

有名な蛇紋岩は標高が上がらないとあまりありません。

 

へび

足元に現れた小さな蛇。

ヒバカリなのか、小さ目でなおかつ模様が目立たないジムグリなのか。

頭にV字模様が有るから、ジムグリかな...?

とりあえず、マムシとヤマカガシを見分けることが出来れば良いので、他の蛇は細かく同定できなくても良いのですが、

気になっちゃいますね。

 

矢車草

ヤグルマソウ。

最近、行く機会が多い尾瀬ではまだツボミにもなっていませんが、こちらの方が標高も低いので咲いてます。

 

明治の石垣

明治時代に国道整備された時の石垣の名残。

今回は谷川岳の岩石の講習ですが、人工物とはいえこの石垣も現場に有る物を使ったようなので、立派な考察対象ですね。

 

今日の講師の先生自身も「石を見てにこにこする人なんて1000人に一人くらいしか居ない」と言ってましたが、

今年はスノーシューツアーのリピーターのご婦人が、昨年に岩石に興味を持つようになったり、

谷川岳の夏山の案内をした年配の女性が「女は石好きが多いのよ~」と言ってました。

意外と地質の解説は需要があるかもしれません。

 

女性の石好きって...ダイヤとかルビーとかのことじゃないですよね?

 

2019年6月7日。

ハッピースノーシューの新着情報一覧へ

新着情報

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です