Top >  新着情報  > 

ハッピースノーシュー 新着情報一覧

群馬県のみなかみ町でスノーシューツアー開催している、ハッピースノーシューの新着情報です

群馬県みなかみ温泉 スノーシューツアー 関東県日帰り

群馬県水上温泉のスノーシュー新着情報です。
新着順一覧

受付開始しました

12月中旬の近況。スノーシューツアーの受け付けフォームを開始しました。谷川岳天神平等。尾瀬ガイド協会の群馬県支部の研修会。
2018-2019冬季シーズン。 年末は天神平になるかも。   もうすぐ平成30年も終わりですね。 今年は雪の振りが遅くて、なかなかスノーシューツアーが開始できていませんでした。 例年、クリスマスに開始できることは少ないので、そんなに珍しいことでもありません。   だいたい、年

受付開始しましたのページを見る>

雪が少し積もってきました

12月初旬。冬に向けて、用具を購入したりしてますが、なかなかスノーシーズンに入れてません。色々と用意だけ進めてます
12月近況。 みなかみ町とか沼田市とか。   今年は雪が降り始めるのがちょっと遅くなってます。 自宅の近くの風景、こんな感じです。 雪が降ることは降りましたが、まだ量がちょっと少ないですね。   お隣、沼田市にお出かけした時の写真。 水上町から南下しただけで雪国では無くなってし

雪が少し積もってきましたのページを見る>

11月、技能研修の季節です。

11月、登山や研修などの報告。スノーシューや雪山ガイドなど、冬の準備も着々と進行中。埼玉県の両神山など。
ロープワーク。 ガイド協会研修。   秋も終わり、冬との切り替え時期。 秋山登山シーズンが過ぎても、中途半端に雪が積もっている荒れた天候の山ではスノーシューのツアーもできません。 ということで、この時期はガイドの会議や、研修会などが多くなります。 11/02.. 「午後から暇だから」とい

11月、技能研修の季節です。のページを見る>

登山研修で宮城へ

秋の恒例研修登山で山形の山寺と宮城の栗駒山へ。ガイド協会には、登山のガイドの他に自然解説ガイドも結構居ます。
栗駒山へ。 in山形、宮城。   みなかみ町の山岳ガイド協会、秋の研修登山。 今年は、東北地方へ。   一泊二日で、初日は山形県。 山寺です。 山の斜面に沿って作られた山寺。 1000段も有るという石段です。   景色ひとつひとつが見事としか言いようが無いですね。 紅

登山研修で宮城へのページを見る>

岩手県に遠征

岩手県安比高原にてJMGA代表者会議。長いですが終了。翌日、遭難対策会議。地元警察の救助隊の話や、今年はヤマレコ・ヒトココの方達の話もあり、為になりました。
JMGA代表者会議。 in安比高原。   毎年、11月に行われる日本山岳ガイド協会(JMGA)の代表者会議。 今年は東北の更に北の方、安比高原です。 岩手県まで行ってきました。 あまりに遠いので、前泊しようかという案もありましたが、旅費がかかり過ぎるので早朝出発。   東北自動

岩手県に遠征のページを見る>

東京出張でした。

中央区生涯学習プログラム「まるごと群馬学」の「群馬の山の楽しみ方講座」の講師のお仕事で出張してきました。その後はファイントラック東京ベースに。
ぐんまの山の楽しみ方講座。 中央区民カレッジ。   登山の仕事が減ってくるこの季節ですが、東京に出張してきました。 中央区生涯学習プログラムの中に「まるごと群馬学」というのがあり、その一つ「群馬の山の楽しみ方講座」の講師のお仕事でした。 たった一時間半の教室ですが、このスライドを作るのに

東京出張でした。のページを見る>

妙義山へ行ってきました。

妙義山星穴岳へ。中年男ばかりのパーティです。細い岩の峰になっているので、落ちる事故も多い場所ですが人が立ってます。
星穴岳。 月例山行にて。   妙義山の星穴岳に行ってきました。 駐車場から中ノ岳を見上げる。 両脇に西岳と東岳。   中ノ岳神社から。 中年男ばかりのパーティです。 季節はずれのツツジ。 葉が枯れ落ちてしまってるから判別し辛いですが、トウゴクミツバツツジかな。 自分達のルートの

妙義山へ行ってきました。のページを見る>

棒ノ折山ガイドに行ってきました。

埼玉、棒ノ折山のガイド。ダムの横を抜けて登山口へ。初心者に人気のコースになっているゴルジュ帯。結構な急登の林道を越えて山頂へ
棒ノ嶺。 奥多摩、奥武蔵エリア。   11月に入って、登山シーズンも大詰めになってきました。 登山バスツアーのガイドで埼玉の棒ノ折山へ、下見も含めて二度行ってきました。 駐車場を出た所にこんな物が。『なぐりづえ』。 一瞬何かと思いましたが、名栗というここの地名から来てるのみたいです。 登

棒ノ折山ガイドに行ってきました。のページを見る>

上越のマッターホルンへ

上越のマッターホルン、大源太へ研修登山。みなかみ山岳ガイド協会。ヤマモミジの黄葉、カラコギカエデの紅葉。タカノツメ(ウコギ科)の黄葉
大源太山。 みなかみガイド協会。   平日のお天気が良い、予定が空いた日。 唐突に、ガイド仲間で研修登山に出かけてきました。 『上越のマッターホルン』大源太です。   序盤、何度か渡渉を繰り返します。 のどかな渡渉もあれば、 ちょっとドキドキな渡渉も。   コハウチワ

上越のマッターホルンへのページを見る>

早朝のモルゲンロートツアー

一ノ倉、早朝モルゲンロートを電気バスで。今年の強風の台風で折れたブナの老木。でも、ちゃんと枝が一本生きています。これがブナの生命力ですね。
電気バスでガイド。 一ノ倉沢コース。   今年、みなかみ町がちょっと面白いイベントを発案。 電気バスで早朝の一ノ倉に行って、モルゲンロート(朝焼け)の岩壁を見よう!というものです。 その電気バスの一台、倉ちゃん。   4回ほど企画されて、ガイド協会のメンバーで持ち回りで担当しま

早朝のモルゲンロートツアーのページを見る>

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11