水上/スノーシュー

スノーシューガイド/群馬県みなかみ町/ハッピースノーシュー

雨呼山2021/1/31

雨呼山。

2021/1/31

 

昨日に引き続き、新雪の積もる雨呼山でスノーシュー。

Oさん

お一人参加のOさん、貸し切り状態です。

お友達も誘ってくれていたんですが、都合が付かずにお一人様での参加になったそうです。

ハッピースノーシューでは、お一人様での開催もじゃんじゃんやっています。

 

ラッセル。

スノーシューは毎年のようにやっていて、今回はマイスノーシューを購入してのご参加だそうです。

マイスノーシューのテストの為に、先頭ラッセルでまずは登ってもらいました。

 

尾根上

スノーシューはベテランだけあって、軽やかな足取りです。

 

モンベルスノーシュー

今度は下り坂での歩き。

マイスノーシューををアピールです。

モンベル製ですが、見せてみたら凄い良いモデルになってますね。

 

キツネの足跡

雪の斜面を美しいラインで動物が歩いた跡がありました。

足形も殆ど残っていないのですが、状況から考えてキツネの歩いた跡っぽいですね。

「何故、そう判断したか」までセットで説明して、自然の営みを感じて貰うようにしています。

 

熊の爪痕

ウコギ科のタカノツメという木の幹に付いている、熊の爪痕。

 

シナノキの種子。

シナノキの仲間の種子が落ちていました。

シナノキとオオバボダイジュの種子は良く似てて見分けがしづらいので、尾根筋で見かけたらシナノキ、少し湿気の多そうな場所で見かけたらオオバボダイジュと言ってましたが、実際には混在してるので決めてにかけます。

見分け方を勉強してみたので、次は見つけたら確認したいと思います。

 

雨呼山の山頂

山頂です。

雪庇が出来るほど風当りが強いので、ここだけ写真が凄く寒そうに写ってます。

 

雪の森

風が弱いところに移動すれば、このように雪が優しくふわふわとくっついた森です。

あまりの美しさにOさんも感動。

 

雪の林

見とれてしまうくらい美しいですね。

 

石舞台

雨乞いの石舞台。

 

おひるご飯

お昼ごはん。

新品のスノーシューが光ってますね。

 

スノーシューウォーク。

雪質が軽いので、足取りも軽やかです。

 

手割石

名物のひとつ、天狗の手割石。

 

ポーズ

流行りに乗って、鬼滅の刃の主人公の真似をして石を斬ってみました。

 

スノーシューガイド松田

私も、ちょっとやってみました。

 

スノーシューウォーク

今日は、マイスノーシューのグリップを試したいということで、斜面の昇り降りや横切りを多めにやってみました。

通常のツアーより疲れるルートでしたが、最後まで元気なOさんでした。

 

2021年1月31日。

雨呼山。

前の記事:地吹雪の雨呼山2021/1/30



ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ町のスノーシューハイキングコース、おすすめの雨呼山。藤原地区の山です。