水上/スノーシュー

スノーシューガイド/群馬県みなかみ町/ハッピースノーシュー

大晦日愛犬スノーシュー

今冬、最初のスノーシューツアー。

2020/12/31 大峰山。


年末寒波がやってきた大晦日。

普段開催している、みなかみ町の山間部のエリアを避けて大峰山コースにやってきました。

大峰山コース

合流場所の道の駅から、北側(スノーシューコースが複数ある方向)を見ると、降雪で真っ白。

そんな方に行ったら大変なので、みなかみ町の最南端のスノーシューコース、大峰山にやってきました。

 

愛犬スノーシュー

さっちゃん、のんちゃんとニコル君、エラちゃんの二人と二頭をご案内です。


晴天

風はちょっと冷たいですが、歩いていると暑くなって上着を脱いだり手袋を外すようなコンディション。

ここは合併して、みなかみ町になりましたが、元々は月夜野町という別のエリア。

気象もまったく異なる場所です。


ノーリード

スタート地点の時点で民家からだいぶ離れてるのですが、念のために林道が終わる地点まで歩いてきてから、ノーリードに。

喜んで走り出す二頭。


ダッシュ

速い!

かなり元気です。

真ん中の雪のキノコみたいなのは、休憩小屋。


カラマツの種

走り出したワンちゃんには追いつけないので、自然観察しながらゆっくり追いかけます。

落ちていたカラマツの種子。

と言っても、種の部分は何者かに食べられてます。

 

ニコル君

8歳なので、ちょっと落ち着ているニコル君。

あまり離れないように後ろをちょくちょく確認します。


エラちゃん

1歳半で元気なエラちゃん。

「どこに行ったの!?」というくらい大はしゃぎ。

 

ラッセル

凄い勢いでラッセルしてます。


大峰沼

大峰沼に到着。

 

食事

日当たりも良く、絶好のランチタイム。


おあずけ

食べたそうな二頭。

なんでも、一日に食べる量と時間が厳格に決まっていて、途中の休憩時間におやつをあげたから、ここではおあずけだそうです。

 

スノーシュードッグラン

スノーシュードッグラン。

凍った沼の上です。

野生動物もこの時期は良く凍った沼を渡りますが、地面の上よりも歩きやすいんです。

 

段差

沼から離れ、山の斜面へ入ると、ちょっとした段差。

寒波で降ったサラサラの粉雪なので、アリジゴクみたいになっていて中々あがれません。


お助け犬

飼い主が心配で戻ってくるニコル君。


犬ラッセル

飼い主さんを引っ張り上げて、絆が強まった!?

 

下り坂

登ったあとは、下り坂なので楽ちんです。


転ぶ

でも、下りはけっこう転んだりもします。

二人と二頭で雪まみれなになって大はしゃぎでした。


2020/12/31 大峰山。

前の記事:深雪の大峰沼



ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

大峰山コース

ハッピースノーシューのツアーコースのレポートです。群馬県みなかみ町のスノーシューコースの大峰山。