水上/スノーシュー

スノーシューガイド/群馬県みなかみ町/ハッピースノーシュー

谷川岳2022/4/17

谷川岳ブルー。

 

リピーターさんとご新規さんのお二人と一緒に谷川岳へ。

天神平

スキー場の営業が終わった為、右端っこの低い所ではなくて真ん中の歩きやすい所を歩けてます。

 

谷川岳

見事な青空!

でも今日は関東は曇りで東海地方は雨。

南側を見れば曇っていて、まさに谷川岳だけが綺麗な青空。

 

熊穴沢の避難小屋

熊穴沢の避難小屋の屋根が見えてきました。

ここはテント泊や雪洞泊の人が多くて、おトイレがそのままその辺にしてあることが多いので、私は休憩しないようにしています。

今年は雪が多過ぎた為かテント泊の人も少なかったのと、次々降る雪で埋もれてる為かおトイレ跡は目立ちませんでした。

でも念のために避けて休憩します。

通り過ぎる時も、茶色いものや黒いものが落ちてないか真剣に足元を見ながらです。

 

クマタカ?

空が青いですね、と言いながら見上げていたら大きめの猛禽類が飛んでました。

この写真だと全く分からないのでアップにしてみました。

クマタカっぽい

解像度が低くてわかり難いですが、羽が広くて短かったのと、裏側の白い部分が多かったので熊鷹かな~と思いました。

ツガイ(夫婦)で活動してました。

 

谷川ブルー

山頂が近づくにつれて、空の青さが引き立ちます。

まさに谷川ブルー。

 

尾瀬方面

東側、尾瀬の至仏山・燧ケ岳や平ヶ岳。

 

天神ザンゲ岩

天神ザンゲ岩。

こんな青空ですが、南側はどんどん曇っていき、朝見えてた浅間山や草津白根山も見えなくなってきました。

 

主脈稜線

苗場山の奥に、白馬がギリギリ見えてます。

それでも画面左側(南方向)はどんどん雲がかかって来てます。

 

肩の小屋

関東圏の山で唯一青空なんじゃないかと言う青さ。

 

泊耳実

双耳峰トマノミミ。

 

霧氷

朝一番で登った人は、山頂近辺は風が強くて寒かったと言いながら降りてきましたが、岩に霧氷が張り付いてるのを見ると、夜間から朝にかけては結構な荒具合だったんでしょう。

 

とま

トマノミミ。

 

 

オキ

オキノ耳山頂。

お天気が良いせいか、両山頂とも人が多いです。

ちょうど時間はお昼でしたが、山小屋近くまで戻ってから食べました。

 

万太郎谷

南側から雲が更に広がり、白馬辺りも見えなくなってきました。

火打山が頭だけ見えてます。

 

下山開始

肩の小屋の横でお昼を食べて折り返し。

空が青いですが、雲が少し出始めました。

 

下山時

下山する頃には、山頂にちょうど雲がかかりました。

良い時間で登って帰ってこれました。

 

2022年4月17日。

谷川岳。

前の記事:谷川岳2022/4/2



ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

谷川岳登頂コース

スノーシュー、アイゼン登山、谷川岳山頂。天神尾根からの4月残雪期ツアーです。ガイドツアー水上ハッピー