Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > カモシカとニアミス!雨呼山

カモシカとニアミス!雨呼山

2011年3月20日。

久しぶりにツアー開催です。

地震の後、震度6強の余震の可能性が一週間といわれていましたので、それが過ぎてからのツアー再開。

と言っても、お客さん達もこれない人が多いので、ツアー開催は無理かと思っていました。

けんちゃん、まみちゃん

ところがなんと!

前日になって「参加します」と来てくれました!けんちゃん、まみちゃんのお2人。

 

水上の温泉宿にも宿泊していただいて、震災後に元気がなくなっていた水上町に活気を取り戻す意味でも、ほんとうにありがたいです。

スノーシューなどのアウトドアツアーはもちろん、宿泊客が全部キャンセルになって閉めてしまった温泉宿・・・道の駅なども売店を閉めてパートの人達をみんな家に帰してしまったりとか。

そんな意気消沈の観光地に来ていただいて、本当にありがたいですね。

震災の被害が少ないところは、一生懸命に働いて経済をまわすのも復興への助けのひとつです。

 

ツアー開始!

そんなお2人に感謝しつつ、雨呼山ツアーへ出発!


スノーシューイング

「こんなに雪があるとは思わなかった」と言うお2人。

雪を踏みしめて、歩きましょう!

 

キツネの足跡

キツネの足跡。

夜間につけたものですね。

 

マンサク

マンサクのツボミがほころびかけ。

一ノ倉のコースのマンサクに比べると、3週間以上遅いのかな。

 

トラバース

山頂近くです。

集の中頃に振った新雪が積もっています。

 

雨呼山頂

雨呼山山頂です!

なんだか、前回来た時よりも雪が大幅に増えてるような。

特に、強風で雪の積もる位置が大きく変わってました。

 

お尻滑り

ソリ滑りで降りてきます。

 

石舞台

雨乞いの石舞台に到着。

 

ランチ

石舞台の横でランチタイム。

 

カモシカ親子の足跡

後半戦、カモシカのいそうな方に移動したら、真新しい親子の足跡。

これはいるかな?どうかな~~と思ってたら・・・

 

カモシカの親子がいた!!

と思ったら素早く崖を降りて行ってしまって、見れたのは私だけ。

ケンチャン、マミちゃんに見せて上げられませんでした。残念。

カモシカの休憩跡

カモシカの休憩してた跡。

こういう崖ップチみたいなとこで休んで、外敵が近づいたらすぐに崖を降りていってしまいます。

 

さらに歩く

カモシカを見せてあげられませんでしたが、めげずに次のポイントを目指します。

 

氷筍

龍棲洞の氷筍(ひょうじゅん)。

地震で倒れてるかな、と心配しましたが大丈夫でした。

さすがはこのあたりは地盤が固いだけはあります。

 

ポーズ!

さあ、ゴールに向かってさらに移動だ!

 

雪の森

春が近づく、しかしまだ冬。

そんな雪の森。

 

ヤドリギ

雪の上に落ちた宿木(やどりぎ)。

これ以外にもあちこちでパラパラと落ちてます。

 

実はこの雨呼山はヤドリギの成長したものが非常に少なくて、途中で枯れてしまうものが多いです。

成長できたものも、あまり大きなものがない。

何かヤドリギが育ちづらい秘密があるんでしょうか。

調べてみたいですね。

 

ゴール近し

さあ、もうすぐゴールです!

2人ともまだまだ元気そうですね。

 

ゴール

そしてゴールです!!

けんちゃん、まみちゃん!

本当にありがとうございました!

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。


新着情報
雨続きのガイド(2018年9月24日)
9月初旬のハイキングガイド(2018年9月14日)
関連サイト