Top >  ツアーレポート  >  大幽コース  > 

スノーシュー 大幽コース日記一覧

群馬県みなかみ温泉の奥地、宝台樹地区からのアクセス、大幽洞窟コースのスノーシューツアーレポート。ハッピースノーシュー

大幽洞窟の画像、写真

大幽の氷筍 大幽洞窟コース 大幽コース上の尾根
新着順一覧

2月25日 大幽洞窟

大幽洞窟から見える谷川岳。滝雲がかかっていました。カラマツの林で新雪が枝にまとわりついて幻想的。日射を浴びると落ちてきて襟に入ったりします。
谷川連峰の滝雲が見れました。 2018/2/25 大幽洞窟。   久しぶりに新雪が降った後の大幽洞窟へ。 車で移動中に有る、藤原湖。 湖面が凍り、その上に新雪が塗されてきれいですね。 大幽洞窟の最終駐車場まで除雪してあったので、ここまで入れました。 後1台くらいしか入れない状態なので、雪

2月25日 大幽洞窟のページを見る>

大寒波の大幽洞窟でした。

スノーシューフェスティバルと同日、大幽洞窟へ。洞窟外観、こんな感じです。一週間前に比べてだいぶ伸びている氷筍。
スノーシューフェスティバルの日。 2018/1/27。   本日、水上町のイベントのスノーシューフェスティバルが有る日です。 私はフェスティバルではなく、自分のお客さんが入っていたので通常のガイドで大幽へ。 今日は2グループ、7名様でスタートです。 イベントの為に、先行してラッセル要員が

大寒波の大幽洞窟でした。のページを見る>

1月18日、大幽洞窟(今期最初)

1/27、28日に控えたみなかみ町スノーシューフェスティバル。その下見や準備の為にガイド達が集まりました。大幽から、雨呼山へ車で移動
大幽洞窟から雨呼山へ。 2018/1/18。   1/27、28に控えた、みなかみ町のイベント”スノーシューフェスティバル”に向けてのコースチェック及び、ガイド研修会。 まずは27日の大幽洞窟と雨呼山の下見の為に向かいました。 私は、当日自分のお客さんが入ってしま

1月18日、大幽洞窟(今期最初)のページを見る>

氷筍は健在でした。

今年は氷筍がだいぶ育ったので、三月後半になっても、氷筍が立ち並んでいます。私の横を駆け抜けてもらって撮影しようと思ってたら、駆け抜ける前に撃沈
新雪でした。 大幽の洞窟。   1月に参加してくれたクリぽんが、今度はお仲間を誘ってまた来てくれました。 会社のハイキング仲間だとのこと。 前回は一ノ倉で平坦なコースだったので、登りが多い大幽コースへ。 3月も後半ですが、新雪が降った後なので雪のコンディションが良いです。 スノーシューア

氷筍は健在でした。のページを見る>

今日も大幽の洞窟へ

ランチを食べて洞窟から折り返し。フジさんが下りの心配をしていたので、少し移動して雪が柔らかいコースから。
寒の戻りでした。 お一人参加の皆さんで。   すっかり春の残雪期の雪の状態になったと思ったら、寒波が戻ってきて一面新雪のスノーシューコースに早変わり。 お一人参加ずつで二人に。 リピーターのアカギさんと、初参加のフジさん! お二人とも山っぽいニックネームで良いですね! 谷川岳を中心に吹雪

今日も大幽の洞窟へのページを見る>

お一人参加で大幽洞窟へ

洞窟からゴール近くの雪原に到着。初心者でも無事にゴールできました磯ちゃん。次回は他の参加者も居る休日に来ても大丈夫ですよ!
平日貸切開催でした。 大幽の氷筍コース。   平日、お一人参加のイソちゃんと一緒にスタート。 普段、登山とかはしていないけど偶然見たスノーシューのチラシで興味を持って申し込んでくれたそうです。 まったく自信が無いので、他の人の迷惑にならないようにと、人が少ない平日で参加したとのこと。 ス

お一人参加で大幽洞窟へのページを見る>

大雪の大幽へ

洞窟の入り口が隠れるほどの雪の大幽コースへ。イベントで、「トトロの木」と呼ばれている木の洞駐車スペースの雪の壁、こ
久しぶりの大雪でした。 大幽洞窟。   記録的な積雪があった後の大幽洞窟コース。 登山口前までの道も、かなり高い雪の壁になってます。 車より高い雪の壁の細長い道路。 ああ、みなかみ町って雪国だったんだなぁって久しぶりに思い出しました。 雪不足が続いてましたしね。   というわけ

大雪の大幽へのページを見る>

青空の大幽氷筍

足跡の無い雪原を歩く。さながらスノーシューハイキング撮影会です。快晴の大幽洞窟スノーシュー。ジャンクションピークから巻機山まで眺望
今日だけの晴天。 大幽の洞窟氷筍コース。   昨日までは吹雪が続いて、大荒れでした。 山でもなんでもない、自宅近辺でも木が折れるのではと心配な風が吹いて、山間の知り合いの家では雪かきで悪戦苦闘・・・。 そんな猛吹雪が終わった後の、快晴日! 綺麗な新雪と、青い空! 明日は雨が降るので、今日

青空の大幽氷筍のページを見る>

大雪後の大幽洞窟

日本海性気候に左右される関東有数の豪雪地帯みなかみ町、内陸の気候である草津や南牧とは積雪の量が段違いなのです
ラッセル役でした。 大幽の氷筍。   岳友舎、中島正二ガイドがテレビ撮影のガイドをするというので、そのお手伝いに呼ばれました。 私がテレビに映るようなことは一切無くて、大雪が降った後なので、ラッセル要員です。 大きな寒波がやってきた後で、誰も入っていない大幽洞窟はラッセルが大変です。 お

大雪後の大幽洞窟のページを見る>

大幽の氷筍の具合

昼間、NHK前橋から電話がかかってきて、洞窟と氷筍について色々と聞かれたのですが、アナウンサーさん達が私の言ったとおりに解説してました
今期、初大幽。 大幽洞窟。   寒波が来るのが遅かった今シーズン、大幽洞窟には行っていませんでした。 冷え込まないと、氷筍(氷の柱)が成長しないので。洞窟に行ってもがっかりしてしまうのです。 みなかみ町のスノーシューガイド達の研修で大幽に行って来ました。 積雪は例年よりちょっと少ない程度

大幽の氷筍の具合のページを見る>

1  2  3  4  5  6  7


新着情報
2月25日 大幽洞窟(2018年3月 1日)
大寒波の大幽洞窟でした。(2018年1月29日)
関連サイト