Top >  ツアーレポート  >  玉原湿原コース  > 

スノーシュー 玉原湿原コース日記一覧

ハッピースノーシューのツアーレポート。玉原湿原コース(たんばら高原)のスノーシュー日記一覧表です。

玉原湿原のスノーシュー写真

玉原高原コース 玉原の湿原スノーシュー ミズナラの巨木とヤドリギ
新着順一覧

貸し切りで愛犬スノーシューでした。

玉原越えを眺めて折り返し。木の穴の中に、小動物っぽい植物質のフンを大量に発見。モモンガでよいのかな
玉原。 2019/02/27。   以前にラズちゃんポムちゃんを連れてスノーシューに参加してくれたお客様が、今度はドッグスクールのお仲間を連れて貸し切りで参加してくれました。 ドッグスクールのお仲間だけあって、ワンちゃん達がしっかり言うことを聞いて整列してます。凄い!!   飼い

貸し切りで愛犬スノーシューでした。のページを見る>

玉原のブナ林スノーシュー

玉原湿原とブナ林のスノーシュー。キツツキが突いて開けた穴を発見。自然が好きなお客様達で、色々見れて大満足していただけました。
玉原のブナ林と湿原。 2019/02/24。   今日は2グループ、3名様でスノーシューツアーです。場所は玉原。 グリーンシーズンの玉原を歩いて、冬も来たくなったというお二人と、突然思い立って前日予約をしていただいたお1人様とでスタートです。   歩き出しはブナの森。 足元にブナ

玉原のブナ林スノーシューのページを見る>

玉原湿原満喫してきました。

ブナの木を見上げながらスノーシューウォーク。玉原湿原。湿原に出て、シラカバを見つけた途端「貴婦人」と声が上がりました
玉原越。 2019/02/20。   栃木県の山の会の貸し切りで、玉原のルートへガイドに行ってきました。 総勢11名。 今日は山の会の山行の道案内という形式です。 見事なブナ林なのですが、ここ数年はナラ枯れ病の影響なのか見事な老木が何本も朽ちてしまいました。 最古参級よりも少し若い次世代の

玉原湿原満喫してきました。のページを見る>

ブリーダーさん貸切でした

愛犬と一緒にスノーシュー。最後はワンちゃん達が疲れてることが多いのですが、概ね人間の方が先に疲れてました
愛犬と一緒に。 2019/02/03。   リピーターさんが、ブリーダー仲間を連れて遊びに来てくれました。 半日コースで貸し切りにして、愛犬たっぷり遊ばせプランです。 ボーダーコリーのお仲間さん達みたいです。 ゴム製のシューズ?靴下?みたいのを履かせます。 肉球のアカギレ予防とか、後は雪球

ブリーダーさん貸切でしたのページを見る>

平日貸切で玉原へ

玉原コース。キツネの足跡。テンの足跡。熊棚とクマの爪跡。沼田市名木百選のオオヤマザクラ
玉原湿原へ。 2019/01/30。   しばらく雪が降りつづき、一日だけ快晴で明日からまた曇り、雪という日。 平日ど真ん中の日ですが、直前でお申し込みのお二人様と一緒に玉原へ。 玉原コースのリクエストでご予約いただきました。 このコースは積雪量が多いので、新雪が降った後はラッセルが結構大

平日貸切で玉原へのページを見る>

2019年のツアー始まりです。

屋根の上に積もった雪がキノコのように。こういうのを集めて載せた写真集を買って読んだりしているそうです
平成31年、ツアー初めでした。 2019/01/04。   年末から雪の降る日が続いていて、今日も雪予報が出ていたのですが、 朝方まで曇りが続いた後に綺麗に晴れてくれました。 玉原コースのリクエストです。 Mファミリーと一緒にスタート。   まずはスノーシューを履かずに、数メート

2019年のツアー始まりです。のページを見る>

-7度の吹雪の玉原。

リピーターのマウさん達と玉原のブナの森へ。ブナの枝が枯れた跡を何かが自分で掘って巣穴にした感じの穴が空いてました。吹雪きの為、湿原は歩かず折り返し。
マウさん達と玉原へ。 2018/2/17 玉原。   リピーターのマウさんが、お仲間を連れてまた遊びに来てくれました。 マウさんと、お仲間の2家族タメガイファミリーとミネギシファミリーとで出発です!   雪が降り積もる日ですが、序盤はテンやキツネの足跡が見れました。 キツネがダ

-7度の吹雪の玉原。のページを見る>

吹雪でした玉原湿原

吹雪の玉原。夜間に風雪がマックスに強まるので、時間が経つに連れて吹雪も強くなりますが、そのタイミングでちょうどゴールできました。
山の会の貸切ガイド。 玉原湿原。   今日は、九州からお越しの山の会の皆さんを案内しました。 ブナの森を通って湿原を目指します。   最初こそ、時折青空も見えましたが、谷川岳や利根川からの吹雪が結構凄いです。 一瞬、吹雪が止んだ時にすかさず撮影します。 辛そうな写真ばかりだと、

吹雪でした玉原湿原のページを見る>

労山のお客様と玉原へ

玉原でスノーシューを行う機会が多い私は、ブナの熊棚も良く見ていたので、ブナには熊棚が出来ないという意見は違和感がありました
ブナ平へ。 玉原。   今日は、岳友舎(中島ガイド)の手伝いで玉原に行って来ました。 降雪が続いた後の晴天という、非常にラッキーなパターンです。 ただし、そういう日はラッセルが大変なのですが・・・ 勤労者山岳連盟の皆さんなので、ガイドが一人でやらなくても、入れ替わり立ち代りでラッセルして

労山のお客様と玉原へのページを見る>

足跡だらけの玉原

玉原湿原にオコジョの足跡。左側に何かを引きずった跡がずっと付いています。獲物を咥えての移動でしょうか。
今期初玉原。 玉原湿原。   しばらく降雪があり、お天気もあまり良くなかった後の快晴です。 新雪の白と快晴の青がまぶしいですね。 「玉原で」というリクエストで直前にご予約が入ったご夫婦。 マイスノーシューを買うかどうか考え中なくらい、やる気に溢れたお二人です。   森に入ると、

足跡だらけの玉原のページを見る>

1  2  3  4  5  6  7