Top > ツアーレポート > 一ノ倉コース > 12/14一ノ倉コース下見

12/14一ノ倉コース下見

一ノ倉コースの下見。

2012年12月14日

 

やっとまとまった雪が積もりました。

2012/2013シーズンのスノーシューツアー開始の為に、コースのチェックに行ってきました。

谷川岳

車で一ノ倉コースに移動中、谷川岳を撮影。

 

キツネの足跡

駐車場で降りると、早速キツネのあしあと。

スノーシーズン到来って感じがしますね。


一ノ倉コース

コース入り口。

新雪ですね!

 

テンの足跡

スノーシューを履くところにはテンの足跡。

新雪が綺麗な状態だし、天気もいいので今日は足跡祭りの予感。

 

というわけで今日は足跡を探しながら歩いてみました。

降りあと

さあ、これは何の足跡でしょう?

一見、ウサギの足跡の形に似てますが、前足と後足の大きさはほぼ一緒。

正解は、段差の上から飛び降りたテンの足跡。


ウサギのあしあと

こちらはウサギのあしあと。

今日はウサギの足跡が凄い少なかったです。


通り道

沢の上を通る橋。

各種動物の足跡が集中してます。


水流

まだ積雪量は少ないので、夏場に水が出ている箇所は全てそのまま水が流れてます。

これが埋まるのはもうちょっと先になりそうですね。

 

くい

去年の大雨で、路肩が崩落した危険箇所に設置してある杭。

ここは斜面が川の方にかなり斜めに落ちてしまっているので、知らずに端を歩くと危ないかもしれませんね。

テンの足跡が杭のところをちょっとチェックしにいってるのが面白いですね。

?の足跡

さあ、これは何の足跡でしょう。

 

正解は・・・

テンの乱れた足跡

急に進行方向を変えた為に(しかもちょっと登り方向)。乱れてしまったテンの足跡

 

今日一番、目に付いた足跡

ネズミの足跡

ネズミのあしあと。

これはどんな行動かを足跡から推測すると・・・

ネズミの雪上足跡

こちらの大きな木の根元から出てきて、先ほどの小さい木の根元まで行ってそのままUターンして、また元の穴に入ってます。

 

足跡クイズその3

ネズミの雪上足跡2

これはいったい何の足跡?

ネズミの雪上足跡3

正解はネズミの足跡。これが上の写真の続き。

尻尾の跡がちゃんと付いてますね。

上の写真のところは風の通り道の為に、雪が風で叩かれて硬くなっているから尻尾の跡はつかなかったみたいです。

それと、雪が硬くしまってるせいで、歩幅がかなり大きくなってますね。

 

ちょっと写真写りが悪いですが、この足跡は・・・

ネズミの雪上足跡

上のネズミの足跡となんとなく似てますが、少し左右がずれているのと、歩幅が段違いに大きいです。

そう、オコジョの足跡です。

 

鳥の羽の跡

鳥の足跡と羽の跡。

さすがにこの形だけで種類を特定するのは無理なんですが、足跡を辿って行動からの推測ではヤマドリでしょうね。

 

足跡はこれぐらいにして、雪上生活者達を

クモガタガガンボ

クモガタガガンボ。

 

セッケイカワゲラ

セッケイカワゲラ。

 

谷川岳

マチガサワに到着。

谷川岳が良く見えますね。

 

清水峠

本当は、この先の一ノ倉まで行こうかと思ったんですが、まだまだ雪が少なくて川が埋まっていないので引き返し。

年末年始は吹雪くことが多いので、このコースに来ることはほとんどありませんから、その吹雪きでしっかり川が埋まった後にまた来てみましょう。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

一ノ倉コース

群馬県みなかみ町のハッピースノーシュー!ツアー日記コーナーの一ノ倉コースの一覧です。


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト