Top > ツアーレポート > 一ノ倉コース > 今日も一ノ倉へ

今日も一ノ倉へ

お二人貸切でした。

一ノ倉岩壁コース。

 

今日も一組貸切でスノーシューガイド。

湯檜曽川

くりぽん、みきてぃのお二人。

初スノーシューということです。

今年は、初めてのスノーシューという参加者の方たちが多いです。

初スノーシューに私のところを選んでいただいて嬉しいことです。

下り

適度に絞まった雪で歩きやすいですが、先日の大雪の影響で新雪部分は結構深いです。

スノーシューポーズ

適度に新雪を歩きながら、ここ数日のラッセル跡を使って楽をしながらサクサク進みます。

雪の森

日差しは強いですが、冷たい風も吹いてるのでコンディション的には暑くも無く寒くもなくちょうどよいくらい。

東屋

東屋(休憩小屋)もだいぶ埋まりました。

二人で

今日は晴れなのですが、谷川岳から目的の一ノ倉岳まで、稜線沿いにしっかり雲がかかっています。

一ノ倉到着

一ノ倉沢に到着。

稜線と山頂は雲がかかっていますが、岩壁は見えています。

休憩

歩いてる間はちょうど良かったですが、立ち止まると風が冷たい。

しかも、ここは一ノ倉の岩壁のせいで、先ほどまではと違って日光が当たりません。

晴れてる日でも、こんな状況ならランチタイムはテントの中です。

白毛門

ご飯を食べて折り返し。

日が当たってるのは、はるか上の方です。

雪庇遊び

雪庇遊び。

大きな団体さんが来る前だったので、雪庇がまるまる残ってたので遊べました。

新雪ゾーン

帰り道。

登山道を外れて、森の中を移動。

谷川岳

ゴールをして、車で移動中、やっと谷川岳と一ノ倉岳の雲がどきました。

谷川岳に凄く来てみたかったというくりぽんですが、最後に見れて良かったです。

 

2017年1月28日。

一ノ倉。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

一ノ倉コース

群馬県みなかみ町のハッピースノーシュー!ツアー日記コーナーの一ノ倉コースの一覧です。