Top > ツアーレポート > 大幽コース > 大雪後の大幽洞窟

大雪後の大幽洞窟

ラッセル役でした。

大幽の氷筍。

 

岳友舎、中島正二ガイドがテレビ撮影のガイドをするというので、そのお手伝いに呼ばれました。

大幽コース

私がテレビに映るようなことは一切無くて、大雪が降った後なので、ラッセル要員です。

カツラの木

大きな寒波がやってきた後で、誰も入っていない大幽洞窟はラッセルが大変です。

お客さんづれで往復することは可能ですが、テレビ撮影しながらだと明るい内に帰れない可能性もあるので、ラッセル役で呼ばれました。

登り

15分の中で、南牧村、草津町、みなかみ町のそれぞれで撮影した氷の特集をやるとか。

先に、南牧と草津を撮影したらしいですが、最後のみなかみ町では「深雪の時はラッセル役が必要」と言われて、スタッフさん達もすぐには納得いかなかったようですが・・・

日本海性気候に左右される関東有数の豪雪地帯なので、内陸の気候である草津や南牧とは積雪の量が段違いなのです。

最後の登り

ラッセル要員二人で踏みしめても、なお沈み込む深雪。

急斜面

タレントさん、スタッフさんへとへと。

氷筍

疲れたからこそ、氷筍を見れた甲斐があるというものです。

すーぱーjちゃんねる

テレビ朝日のスーパーJチャンネル(2月9日放送予定だそうです)

 

2017年1月27日。

大幽洞窟。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

大幽コース

群馬県みなかみ温泉の奥地、宝台樹地区からのアクセス、大幽洞窟コースのスノーシューツアーレポート。ハッピースノーシュー


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト