Top > ツアーレポート > 大幽コース > 腰ラッセルの大幽洞窟

腰ラッセルの大幽洞窟

大幽コース貸しきりで!

2016/2/12 金曜。

 

今日はお休みかな~と思っていた平日ですが、お一人参加のお申し込みがあったので大幽コースに行ってきました。

きょーこさん

新幹線の駅にお迎えに行って、大幽洞窟コースのスタート地点へ移動。

新雪が積もって、除雪も途中までだったので登山口より手前から歩き出し。

谷川連峰

上の原の茅場に到着。

谷川連峰がくっきり見えます。

 

記念撮影

雪原を登りきって一休み。

 

ウサギの足跡

何か凶悪そうな足跡が!!

と思って近づいて確認したらウサギさんの足跡でした。

ハイキング道

大幽沢に沿って上がって行く。

これも前日と今日の朝一の人達のラッセルがしてあって助かりました。

ルートの付け方が地元のガイドっぽく無かったから、一般の登山者の皆さんが作ってくれたのでしょうか。

*ここはラッセルが大変だということで、昨日はガイド仲間も軒並み他のコースに行ってました。

 

カツラのうろ

古木の前でポーズ。

さすが、85cmの積雪の後です。

ウロも埋まりかけてます。

テンの爪あと

何やら爪あとを発見。

テンの足跡でした。

 

トラバース

大幽洞窟へ上がる最後の急斜面。

沢状になっている中央ルートには立派なラッセル跡があったのですが、さすがに大雪が降った直後なので、沢の中央は避けて横から上がって行く。

自分でラッセルして上がっていかないといけないので大変です。

*写真で見るとお客さんが腰まで埋まってて大変そうに見えますが、ちゃんと私が先頭で道を作った後ですよ!

トラバース

やっと上がって来れました。

洞窟の氷筍

氷筍。

ランチ

ランチポイントに移動。

帰り道

下り坂。

慎重に。

可愛いつたら

木の根元で雪が溶けて、しずくが凍って氷柱になってるのを発見。

三匹の足跡

キツネの足跡とテンの足跡が途中から合流して重なっている。

その先を見ると、さらにウサギの足跡に重なってました。

ウサギの足跡を、テンとキツネの足跡が追いかけてます。

ゴール

お天気も崩れないままゴール!

キョウコさん、お疲れ様でした!!

 

2016年2月12日

大幽洞窟。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

大幽コース

群馬県みなかみ温泉の奥地、宝台樹地区からのアクセス、大幽洞窟コースのスノーシューツアーレポート。ハッピースノーシュー


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト