Top > ツアーレポート > 大幽コース > ポン太君とスノーシュー

ポン太君とスノーシュー

貸切で大幽でした。

2016/3/20 日曜。

 

カトウさんと愛犬ポン太君と一緒に大幽洞窟へ。

愛犬スノーシュー

ワンちゃん連れのお客さんの時は、他の参加者の人がokだったらお受けしてます。

今日は他に先約のお客様が一組居たので、前日に電話でワンちゃんの同行の可否を確認しようとしたら、都合が悪くて来れなくなったということでしたので、無事ポン太君が参加できました。

ポン太君

小型犬なので雪の上を歩くのは大変じゃないかと思うんですが、張り切って先導するポン太君。

ちなみにポン太君と言う名前は、昨年飼い始めた我が家の猫ちゃんと同じ名前です。

ポン太猫

うちのポン太君。昨年5月(拾って数日後くらい)。

ポン太現在

現在のポン太君(推定10ヶ月)。

 

話をスノーシューに戻して。

フキノトウ

雪解け水が周囲の雪を溶かして日が当たる部分にはフキノトウがわんさか出てきました。

沢とポン太君

夏のお散歩で沢が大好きになったというポン太君ですが、興味は示すものの駄目だと言われれば入っては行かないのでお利口さんです。

呼び戻し

リードいっぱいまで先行しても、呼べば戻る。

沢

春の足音と共に、各所で沢が開いてます。

落ちるといけないので、こういう通過ポイントではリードを短く。

 

通過中

せまいとこも飼い主さんの言うとおり進むポン太君。

 

傾斜

肉急がアカギレしないように靴下を履いてるんですが、爪が利かないので登り斜面がきつそう。

カトウさんと

洞窟への急斜面を登る前に一休み。

 

氷筍前にて

洞窟前にて。

うっかり奥に入っていって氷筍を倒さないように気をつけます。

お昼ごはん

洞窟前から降りてからお昼ご飯。

食べたそうなポン太君。

 

おはぎ

お彼岸なので、今日のおやつはオハギ。

オハギを見つめるポン太君。

 

ドアップ

超近寄って来ました。

さすがにオハギは食べさせられないので、何故か一緒に入っていたコンニャクをあげました。

 

ノーリード

雪の上にも慣れて、飼い主さんの呼び戻しも聞くし、一日様子を見た感じでも落ち着いていたので、最後に広い所でノーリード。

もうちょっと喜んで駆け回るかと思ったら、全然普通にリード状態と変わらない歩き。

足が短めの小型犬だと、ほんの数センチ足が雪に沈むだけでも結構疲れるでしょうから、仕方ないといえば仕方ないですね。

カトウさん、ポン太君、お疲れ様でした!

 

2016年3月20日。

大幽洞窟愛犬スノーシュー。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

大幽コース

群馬県みなかみ温泉の奥地、宝台樹地区からのアクセス、大幽洞窟コースのスノーシューツアーレポート。ハッピースノーシュー


新着情報
10月のハイキング(2018年11月18日)
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
関連サイト