Top > ツアーレポート > 大幽コース > 大雪の大幽へ

大雪の大幽へ

久しぶりの大雪でした。

大幽洞窟。

 

記録的な積雪があった後の大幽洞窟コース。

登山口前までの道も、かなり高い雪の壁になってます。

大幽コーススタート

車より高い雪の壁の細長い道路。

ああ、みなかみ町って雪国だったんだなぁって久しぶりに思い出しました。

雪不足が続いてましたしね。

 

というわけで、テラちゃん、よこやん、よねぴーと一緒に出発!

エナガ

カラマツの林の中で、エナガの群れに遭遇。

可愛いですね。

標識

分岐点の標識。

結構背の高い看板なのですが、ここまで埋まるのは久しぶりです。

あしあと

沢沿いに動物の足跡がいっぱい。

カモシカや兎、テン、オコジョ、ヤマドリなど。

トトロの木

みなかみスノーシューイベントで、「トトロの木」と呼ばれている木の洞。

 

登り

最後の登り。結構、急です。

 

氷筍

氷のニョロニョロ。

大きなツララ

洞窟の入り口が隠れるほどの雪です。

 

雪のテーブル

ランチポイントへ移動して、雪のベンチ作成。

私はランチを作っているので、テーブル作りはお客さんの仕事です。

雪のお昼ご飯

お昼ごはんタイム!一人働いてないように見えてましたが、今日谷わが連峰で唯一一瞬だけ見れた白毛門を双眼鏡で見ていました。ちょうど絶景のランチポイントに着いたタイミングでそこだけ雲がどいてくれたんですね。

帰り道

ご飯を食べたら折り返し。

北向き斜面

直射日光が当たりづらい、雪が柔らかい斜面を移動。

雪原

ゴール手前の雪原で撮影会。

青空

今日は最初は一ノ倉コースへ行く予定でした。

昨日の夜までは晴天予報だったのに、朝になってみたら絶対に晴れない状況。

というわけで、こちらのコースに来て大成功でした。この青空!

登山口

みなさん、お疲れ様でした!

谷川岳は最後まで雲を被ってました。

お昼の時に唯一見えていた白毛門も、既に見えず。

お天気予報泣かせな日です。

 

おまけ。

雪の壁

駐車スペースの雪の壁、こんなに。

 

2017年2月26日。

大幽の洞窟。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

大幽コース

群馬県みなかみ温泉の奥地、宝台樹地区からのアクセス、大幽洞窟コースのスノーシューツアーレポート。ハッピースノーシュー