Top > ツアーレポート > 玉原湿原コース > 3月27日の玉原スノーシュイング

3月27日の玉原スノーシュイング

3月27日金曜

平日に玉原高原コース。

スタート

今日はお一人様貸切!

ツッチーさんと一緒に玉原湿原へ。

 

たんばらブナ林の中で

いい天気!

水上町は天候が悪そうなので玉原湿原コースに変更した甲斐がありました。

昨夜降った新雪が5~6cm積もってて綺麗な景色です。


オオヤマザクラ

沼田市銘木百選のオオヤマザクラ


ニホンミツバチの巣

ニホンミツバチの巣。

昨夜降った雪が入り口を少し狭くしてます。

 

 


ニホンミツバチ

巣から出たミツバチがひっくり返って、雪の上に落ちてしまってます。

 

ミツバチ

最初は気温が低いせいかと思ったんですけど、羽ばたいたり歩いたりは普通にできる様子。

 

ニホンミツバチ2

パウダースノーの太陽光反射がまぶし過ぎて、上下を間違えてるのだろうか。

(昆虫は重力ではなくて明るいかどうかで、どちらが空かを判断します)

それとも単に気温の低さのせいなのか、専門家ではないのであまり細かいことはわかりません。

 

熊棚

玉原ではあちこちで見かける熊だな。

天気はいいけれど放射冷却で結構冷え込んでます。

 

ブナの大木

ブナの大木を見上げて。

 

食事

御待ちかねのランチタイム。

 

スノーシューイング

さあ後半戦、頑張りましょう!

 

武尊連峰

後ろに武尊山、剣が峰山。

 

玉原湿原

玉原湿原。

水の流れが強いところでは、湿原が顔をのぞかせてます。

 

ヤドリギ

拠水林で何か落ちてたので拾ってみる。

ヤドリギの木でした。

 

ミズナラとヤドリギ

拠水林の中でひときわ目立つミズナラの大木。

見上げるとヤドリギだらけです。

 

帰り道、朝見たミツバチの巣のところにまた立ち寄ってみると。

ニホンミツバチの死骸

何匹か雪の上から逃げられずに死んでました。

それでも朝方に雪の上に落ちてた数よりも随分少なかったです。

何匹かは上手く脱出できたのでしょう。

 

 

スノーシューイング尻すべり

ゴールまであともう少し、頑張って!

 

ゴーール!

ゴール!

ツッチーさん、お疲れ様でした!!

 

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

玉原湿原コース

ハッピースノーシューのツアーレポート。玉原湿原コース(たんばら高原)のスノーシュー日記一覧表です。