Top > ツアーレポート > 玉原湿原コース > 玉原快晴でした2/13!

玉原快晴でした2/13!

2012年2月13日。

平日の玉原コース!

久方ぶりの快晴です!

浅間山

浅間山がくっきり見えます!

こんな晴天は久しぶり。


歩き出し

まずはスノーシューを履いてスタート!

手近にあったブナの樹の前で。

結構大きい樹なのかと思いきや。


ブナの老木

ちょっと歩けば凄い巨木が。

見上げるひめきょんさんとゆりさん。

圧倒です。


老木その2

朽ちているように見えて小さな枝が生きているブナの古木。

生命力を感じますね。

 

テンの足跡

テンの足跡を発見。

オコジョ足跡

そのすぐ近くにさらに小さな足跡。

恐らくオコジョではないかと推測。

 

争った足跡

二つの足跡が混じったところで大きく乱れてました。

大きいほうが小さいほうを襲った感じではなく、ほぼ対等に渡り合って並走してます。

猫が喧嘩しながら、フーーーッ!ってぐるぐる追いかけっこして走り回るような。

 

熊の爪あと

ブナの幹に熊の爪あと。

お二人に手を出してもらって大きさ比較。

ゴジュウカラ

ゴジュウカラの5~6羽くらいの小さな群れと遭遇。

参加者のひめきょんさんが一眼レフを持っていたので、いい写真を撮っていただきました。


セッケイカワゲラ

今日は天気がいいのでセッケイカワゲラが沢山歩き回ってます。

 

ネズミのあしあと

ネズミの足跡。

ツリーホールから現れて、すぐ隣のツリーホールへと続いていました。

 

ブナの森ウォーク

意気揚々と歩きます。

 

テンの掘った穴

ニホンミツバチの巣があるブナのところに行くと・・・

ちょうどその真上のところにテンが穴を掘った跡が。

ミツバチの巣があるのを覚えてるんでしょうか。

まあ、私が覚えてるくらいだからテンが覚えてても当たり前ですね。

 

お昼ごはん

ランチタイム!

ツエルトを張らずに雪のテーブルで食べたのも久しぶりかも。

二月にしては絶好の晴天です。

 

セッケイカワゲラその2

テーブルのシートの上にセッケイカワゲラ。

 

ユキクロカワゲラ

セッケイカワゲラより大型で羽が生えている種類。

こっちは見てて結構獰猛な感じがします。

お客さん曰く「けなげさが足りない」。

 

スノーシューウォーキング

さらに移動して。

 

ブナの巨木

ブナの巨木と撮影。

 

大の字

雪の上で大の字休憩。

 

白樺、ダケカンバ?

湿原の淵。

白樺とその向こうに、白樺なのかダケカンバなのかはっきりして欲しい樹。

への字がついてるし基本的には白樺なんでしょうが、写真では分かりづらいけど木肌がかなりダケカンバチック。

ここはダケカンバとシラカバが並んで生えてるので、交雑種がかなり混じるんじゃないかと思います。

 

ミズナラ

ミズナラのマザーツリー。

 

玉原湿原

湿原の開放感!

今日は平日だけあって、他のパーティは全然見えません。

 

途中、「アカゲラを見たい」なんていう話をしてたんですが

ちょうどアカゲラが出没。

アカゲラ

アカゲラ2

ひめきょんさんの一眼レフで撮っていただきました。

 

帰り道

ゴールまであと少し。

名残惜しそうにコースを振り返ります。

 

ゴール

到着!

お二人とも、お疲れ様でした!

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

玉原湿原コース

ハッピースノーシューのツアーレポート。玉原湿原コース(たんばら高原)のスノーシュー日記一覧表です。