Top > ツアーレポート > 玉原湿原コース > 労山のお客様と玉原へ

労山のお客様と玉原へ

ブナ平へ。

玉原。

 

今日は、岳友舎(中島ガイド)の手伝いで玉原に行って来ました。

ブナ林

降雪が続いた後の晴天という、非常にラッキーなパターンです。

ただし、そういう日はラッセルが大変なのですが・・・

ラッセル中

勤労者山岳連盟の皆さんなので、ガイドが一人でやらなくても、入れ替わり立ち代りでラッセルしてくれるので大丈夫。

 

中島正二

私の普段のプランは、ライトなお客様向けなので、ブナ平の奥までは行かずに、途中から湿原に下りていきますが、

今日のお客様達は元気なので、最初からブナ平へまっすぐ突き進みます。

 

大雪

木の大きさ、雪深さは、ここまで来ると更にレベルアップしますね。

熊棚

とある理由により、ブナには熊棚が出来難いです。

人によっては、ブナには熊棚が出来ないと言い切る人も居るくらいです。

玉原でスノーシューを行う機会が多い私は、ブナの熊棚も良く見ていたので、そういう意見に最初は違和感がありましたが、確かに他の森では中々見かけませんね。(無いわけではありませんけど

 

 

2017年1月22日。

玉原。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

玉原湿原コース

ハッピースノーシューのツアーレポート。玉原湿原コース(たんばら高原)のスノーシュー日記一覧表です。


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト