Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > 久しぶりに晴天でした!

久しぶりに晴天でした!

2012年2月4日。

2月に入って雪量がぐんと増えました!

やぎぬま夫妻

ヤギヌマさん、ヒデコさんのお二人と出発!

後ろの雪の壁、だいぶ高くなっています。


雨呼山

出だしはお天気も好調。


青空

青空と真っ白の新雪。

いいですね。


何か落し物

歩いていたら雪の上に不自然な散らばりが。

蜂

近づいて見てみると乾燥したハチ。

風が吹いてるのに散らばらずに固まって落ちているということは、高いところからではなくてすぐ近くから落ちてきたはず。

 

樹穴

上を見上げると樹に小さな穴が。

入れるとしたらカラ類位の大きさの小鳥やネズミ程度。

ネズミはさすがに登れなさそうだから、そうなるとモモンガ?

あそこが夏は蜂の巣になっていて、その死骸を食べたのか、それともネグラにしようとして邪魔なごみを外に出したのか。

 

完璧な答えみたいなものは絶対に出てきませんが、こういう想像を膨らませるのも楽しみの一つです。

 


アニマルトラッキング

交差している動物の足跡。

ウサギとテン。

どちらも平然と歩いているので、通った時間はずれているのでしょう。

でもここに来るまでの間、テンの足跡が物凄くウロウロしていたので、後から通ったテンがウサギを探してたのかも?


奥利根

宝台樹スキー場と、ぎりぎり見えない武尊山をバックに撮影。

 

セッケイカワゲラ

セッケイカワゲラ。

1月はほとんど見ませんでしたが、2月になって増えてきました。


動物の足跡

山頂までもうすぐ、お天気はまだ保ってます。

 

山頂

山頂に到着!

ここで晴れ間が広がって武尊山も見えました。

午後からは天気が崩れる予報なので、偶然のラッキータイミングでした。

 

下り坂

山頂で眺めを楽しんだら更に移動。

 

ご飯時

今は晴れてるけど、午後は天候が崩れる予報。

ツエルトを張ろうか、どうしようか悩むタイミングだったけど、念のために設営。

しかし、先ほどの晴れ間がお昼を食べてる間は持続しました。

 

石舞台

お昼ごはんを食べて出発!

休憩終わって歩き始めたら天候が崩れて雪が降り始める。

 

藤原郷

風神岩から里を見下ろす。

 

帰り道

もうちょっと奥まで足を伸ばしてみる。

 

シナノキの種

雪の上に落ちてたシナノキの種。

見つけたとき、名前が度忘れして出てきませんでした!

 

ラッセル

未踏の新雪の部分、先頭のラッセル役を交代してもらいました。

 

ゴール

ゴールです!

お二人とも、お疲れ様でした!

今日はなかなかのグッドコンディションでしたよ!

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。


新着情報
6月後半、尾瀬学校(2018年7月 8日)
6月の登山ガイド近況(2018年7月 2日)
関連サイト