Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > 久々の晴天の雨呼山

久々の晴天の雨呼山

2012年1月24日。


平日お一人様!ハッピースノーシューに多いパターンです。

スノーシュー一人参加

二年前に登山を始めたというサトウさんと一緒に雨呼山だ!。


カモシカの足跡

わりと新しいカモシカの足跡。

「今日はカモシカとか見れるかもしれませんね~」とか話しながらスタート。


スノーシューイング

遠くは曇っていますが、ここ雨呼山のあたりはまずまずの天気。

遠方の森林限界の稜線が見えないのが残念。


晴れ間

西側が雪雲、東側が晴れ間という境目の天気。

しかし今日は冬型の気圧配置が成立一歩手前でまごついてるので、悪化はしなさそうなので結構余裕です。

山頂。

山頂に到着!

惜しいところで武尊山が見えません。

 

十二神社

山頂の標識で撮影。

鳥居がなくなっちゃったのが寂しいですね。


山鳥の足跡

ヤマドリの足跡とフン。


下り坂

下り坂。

今日は雪が凍って滑り易いので注意。

 

お昼ごはん

気温はマイナス4度。

それほど寒くありませんが、念のためにツエルト設営。


石舞台

ご飯を食べ終わった頃から、徐々に天候が回復!

 

藤原郷

利根川と藤原郷が見渡せます。

 

政五郎山

参加人数が少ないと、進行が早くて時間が余ってしまいます。

普段はいかない政五郎山へ足を伸ばしました。

この頃にはすっかり晴れ上がり、政五郎山頂から見える遠くの山の景色にうっとり。

 

お尻滑り

木がオープンになるところまで戻れば、遠くの山の冬景色が絶景のはず!

期待に胸を膨らませて帰りのルートへ。

 

武尊山

尾根上の木が無いところへ到着。

武尊山が久しぶりにくっきり見えてます。

中腹の樹林帯が樹氷になってるのも肉眼で分かりました。

 

奥利根

利根川の最上流、奥利根湖の方角。

上越国境の方面も、予想以上に晴れてきました。

稜線の向こう、新潟側には雲が多少残ってます。

後方の一番高い部分が小沢岳、その右奥に下津川山がぎりぎり見えてるか見えてないかくらい。

 

ブナの森

まぶしいくらいの太陽とブナの樹。

 

リスの足跡

リスの足跡。

 

小沢岳

車のところまで戻ってきました。

まだ三時前なのに夕日気味できれいな景色です。

 

ゴール写真

絶景をバックに撮影!サトウさん、お疲れさまでした!

 

まっちゃん

ついでに私の撮影もしていただきました。

あとでガイドプロフィール写真に使いましょう。

 

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。