Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > 2月17日の雨呼山

2月17日の雨呼山

雨呼山にオオアカゲラ。

2015年2月17日。

 

平日ですが、2組のお客さんが入って、雨呼山へ。

雪の壁

先週末に、日本で降雪量が二番目くらい?に降ったらしいですが、雪の壁が一段と高くなってます!

登山道に上がるのにも「え?ここ上がるんですか?」と言う感じ。

 

すぎちゃん、みやちゃん組と、前日に直前予約のきみちゃん、さかもっさんと一緒に出発!

ウサギの足跡

スタート直後から動物の足跡がいっぱい。

一昨日まで大雪で、昨日からはお天気が良かったので、相当活発に動いてるようです。

 

ドングリの帽子

雪の上にマツボックリやドングリの帽子などの落し物も多数。

スノーシューイング

登って、下って。

スノーシューの歩き方を色々楽しんでもらいます。

テンの穴

テンが木の根元に穴を掘って物色した跡。

 

奥利根源流

奥利根源流の集落を背景に。

 

木の削りカス

木の削り跡も何箇所も。

枝の上を見ると、キツツキが突いた跡が。

 

エナガ

エナガの群れに遭遇。

珍しくかなり低い位置にまで下りてきてくれました。

ニホンザルの足跡

不可解な足跡がついてるな~と思い、登山道を外れて確認しに行くと日本猿の足跡でした。

この時期は道路沿いで餌を採り、電線を伝って移動することが多いのでスノーシューコースでは殆ど見かけないので珍しい感じです。

外国から来たお客さんに「スノーモンキーは居るか?」と良く聞かれますが「山には居ません」といつも答えてます。

最近、一匹分の足跡だけ見かけるので、群れを飛び出した雄猿が雨呼山を行動圏にしてるっぽいですね。

 

山頂写真

山頂で記念写真。

滑り台

滑り台。

ツエルト

お食事タイム。

雪は少ししか降ってなかったのですが、風が冷たかったのでツエルト設営してランチ。

歩いてる時には暖かくても、止まると冷えますしね。

風神岩

利根川を見下ろして記念撮影。

下り歩き

みんな元気ですね!

オオアカゲラ

どうも今日はキツツキの痕跡が多いな~と思ったら、オオアカゲラに遭遇。

ずいぶん長いこと突いてる様子を見せてくれました。

「アカゲラよりも数が少なくて珍しいんですよ」と説明しましたが、軽井沢の有名な野鳥の森でも稀にしか見れないそうです。

結構貴重だったんですね。

ロケーション良し

登山道の無いコースを自由に移動。

氷筍

氷筍。

 

移動中、テンの足跡の先に奇妙な穴があったので、急斜面をわざわざ降りて確認に行くと・・・

テンの穴

結構深い穴が空いてました。

ニホンカモシカ

イタチ科は雪のトンネルを掘りますし、穴が空いてるのは珍しくないのですが・・・

木の根もとのツリーホールや、雪が薄くなってて地面が近い所ならともかく、何も無い平面に突如として穴だけ空いてるのは結構奇妙です。

地面まで掘ってるわけじゃなくて、途中で穴掘り止まってますしね。

種

穴の底と入り口の周りに植物の種と、実の部分の食べ残しみたいなのが散乱。

まさか1メートル近く埋まってる食べ物に気が付いて穴を掘ったんでしょうか?

現場を見てない限り答えは出ないんですが、興味深いです。

雪庇遊び

大雪が降った後のお楽しみ。

雪庇落ち遊び。

雪庇落ち

雪庇落ち後

もう雪まみれです。

駆け下り

ゴールまであとちょっと!

急登り

駐車場まで普通に緩やかなトレースがあるんですが、隣の急斜面をあえてラッセル登る皆さん。

きつい!?

きつそうです!

急斜面

横から見るとそれほどでも無さそうなんですが、実際登ってると凄い急に見えるんですよね。

ゴール

なんとか登りきってゴール!

みなさん、お疲れ様でした!

 

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト