Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > 2月21日。晴天のスノーシューイング

2月21日。晴天のスノーシューイング

快晴でした!

2015年2月21日 土曜。

 

よっちゃんとまきちゃんの貸しきり状態で雨呼山へ。

朝日岳をバックにスタート写真。

イチイさん

朝から高気圧に包まれてテンションマックス状態です。

昨日は雪、明日は雨のち曇り。

今日一日だけの好天気。

 

雪が多すぎて、普段登ってる登山口は雪の壁になっていて登れず。

少し回って段差が徐々に付いているところから登り始める。

歩き始めから、周りにウサギの足跡が多数あったりなど、動物も活発に動いてたようです。

キツネの痕跡

キツネの足跡。

私達の進もうとするルートに、キツネの足跡が付かず離れずな感じで残ってました。

 

森の中を進む

登山でも下りが苦手だと言うマキちゃん。

恐る恐る下っていきます。

夫婦写真

まぶしくてサングラス無しでは歩けません。

こんな快晴も久しぶり。

クマダナ

普段見上げているクマダナが凄い近づいてきました。

積雪が観測史上二番めくらいならしいです。

 

普通なら見えている筈のものが埋まってたりします。

登頂写真!

山頂の道標もずいぶん低い位置になりました。

 

利根川

谷間に見える利根川の水面。

写真だとちょっと分かりづらいですね。

 

さらに移動

横に有る滑り台が雪で埋まってて滑れそうにないので、急坂を歩いて降りる。

これだけ深雪だと転んでもクッションになるから大丈夫なのですが、まだ恐々降りてるマキちゃん。

下りが得意だというヨッチャンはかなりの安定感で降りてきてます。

うどん」

暖かい日だけど、ごはんも温かいのがいいですよね!

 

石舞台

雨呼の石舞台。

利根

藤原郷の集落を背景に撮影。

マキちゃん成長!

食事後にスタート。

下りが苦手だったマキちゃんの背筋が伸びて姿勢が安定している!!

だいぶ慣れてきてコツが掴めたそうです。

お尻で

もちろん、足元が不安定な段差だったらこんな感じで降りてもOKです。

日本猿の食跡

ニホンザルが木の皮を剥いて食べた痕跡。

氷筍

こんな暑い日でも、日射が当たらず冷え冷えとする洞窟。

この環境で氷筍が育ってます。

滑り台

滑り台~というわけには行かず、新雪が積もっててあまり滑りません。

本当は一人ずつ滑るんですが、漕がないと進まないので二人仲良く進んでもらいました。

マウス

ゴール間際に、今まで見てない足跡。

今日はウサギ、テン、キツネ、リスの足跡を見ましたが、これは初めて。

ネズミの足跡

ネズミが往復した足跡。

左右の往復で付いた跡が、まるで一回分の足跡みたいに見えてしまいますが、上の写真で往復してる行きと帰りが接近した部分のアップ撮影です。

ネズミの尻尾の跡がくっきり残ってます。

下津川

今日は最後まで晴天でした!

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト