Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > 思いがけない新雪の雨呼山

思いがけない新雪の雨呼山

新雪再び。

雨呼山。

 

他のコースよりも、雪が溶けるのが早いこの雨呼山。

お彼岸過ぎに来ることは滅多にないのですが、今年は積雪が多く、むしろ今日はここ以外歩けなさそうな状況です。

雨呼山

今日みたいな吹雪の日でも、結構歩けてしまう雨呼山ルート。

皆さんと一緒にスタートです。

たかのつめ

タカノツメという木に付いている熊の爪あと。

昨年の秋に付いたもので、いつも説明してるのですが・・・

良く見ると、新しい傷(緑色)が付いてる!?

クマが冬眠から覚めたのか、それとも誰かがイタズラで傷をつけたのか・・・?

利根川源流

利根川の源流をバックに撮影。風が強いです。

山頂

山頂に到着。

雪庇が物凄く育ってました。

下り

粉雪が吹き溜まるパウダーゾーン。

一瞬ですが、2月並みのフカフカ。

雷神岩

雷神岩で記念撮影をしたら、

ランチタイム

ツエルトを設営してランチタイム。

 

お昼の場所に到着した時は風もやんで、そのまま食べても良いかと思ったんですが・・・

念のためにツエルトを張ってみたら、その後に風向きが変わり冷たい寒風の直撃。

張っておいて良かったです。

お食事中

「これ一枚あるだけで、全然違うんですね」と、お客さんの感想。

石舞台

雨乞い石舞台。

藤原

絶景ポイントの風神岩に到着。

ちょうどこのタイミングで吹雪が止んで、景色が見れました。

樹洞

大きな穴が空いたまま成長したブナの木。

スノーシューポーズ

スノーシューポーズで撮影。

雪庇超え

雪庇を乗り越えるチャレンジ。

子供二人が、いち早く乗り越えました!

と言っても、中高生なら大人よりよっぽど身が軽くて体力ありますからね。

体重が多い大人は、基本的に沈み込むので深い雪では大変です。

苦労

苦労しながらも、みんな上がってきました。

となりに、普通に上がれるルートがあるので、そっちからでも良かったのに(笑

下り

さっきの鬱憤を晴らすかのように、下り!。

知り滑り

最後は尻滑りで。

氷筍

氷筍の洞窟に到着。

3月末としては、ありえないくらいしっかり残ってます。

ドーナツ?

ドーナツ穴の木。

 

キツネの足跡

真新しいキツネの足跡。しかも急に走り出してます。

私達の気配に気づいて逃げたのでしょうか。

雪庇遊び

小さい雪庇があるところで遊んでみました。

雪庇落ち

落ちて遊ぶ!!

ゴール

もっさん、山ちゃん1号、2号!もんやさん、タイチ君、ミナちゃん!お疲れ様です!

 

 

2017年3月22日。

雨呼山。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。


新着情報
6月後半、尾瀬学校(2018年7月 8日)
6月の登山ガイド近況(2018年7月 2日)
関連サイト