Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > 雨呼山は新雪でした。

雨呼山は新雪でした。

タキザワファミリーと。

2019/01/12。

 

雪が暫く降り続いた後の晴れ間がやってきました。

谷川岳も真っ白。

谷川岳

先週から、山岳指導員研修、雪崩講習、エコツーリズムの研修と、お勉強続きでツアーをお休みしてました。

久しぶりにツアー再開です。

今日は、夏の登山ツアーで何度もご案内している、タキザワさんと一緒に雨呼山へ。

雪が深い

登山口。スノーシューを履かないと、こんなに沈み込みます。

滝澤ファミリー

夏山登山は何回もご一緒にしてますが、スノーシューは初めて。

ゆうくん

まあ、スノーシューは初めてと言っても、登山慣れしてるお二人なので、ちょっと上級向けのコースでスタートしました。

 

リスの足跡

木の幹の周りに、色々な物が散乱していたので、チェックしてみたらリスの足跡を発見。

木の実たち

ドングリの帽子や、殻、カエデ類の種、樹木の冬芽、花芽など。

リスが食べながら下に落としたものを集めて写真を撮ってみました。

 

テンと兎の足跡

テンの足跡とウサギの足跡。

 

雪庇

雪庇の上に立って・・・

雪庇落ち

雪庇落ち体験。

 

下り

だいぶスノーシューの足運びに慣れてきました。

トラバース

比較的難しい、急斜面の横移動。

 

シナノキ

ちょっと風変わりな種子を発見。

シナノキの種ですね。

ウサギのあしあと

ウサギの足跡。

雪が締まっている箇所を歩いた為、くっきり足型が残っています。

 

amayobi山頂

山頂に到着!

カモシカの足跡

なにやら雪の上に大量の足跡が・・・

と思って近づいてみたらカモシカの足跡でした。。

うどん

お昼ごはんの準備。

食事中

お天気の良いなかでランチタイム。

石舞台

後半スタート!

手割り石

天狗の手割り石。

氷筍

洞窟の氷筍も伸びてきました。

お尻滑り

場所や雪質によっては、お尻で降りたりもします。

何も考えないで滑ると危ない箇所も多いので、気をつけましょう。

タカノツメ

木の穴から写真を撮ってみました。

ゴール

ゴールに到着!

次は浅間山の黒斑に行きましょうかとか、相談しながら水上駅にお送りしました。

また、お会いしましょう。

 

2019年1月12日。

雨呼山。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。


新着情報
チャツボミゴケ研修(2019年3月13日)
八ヶ岳出張2日目(2019年3月10日)
関連サイト