Top > ツアーレポート > 一ノ倉コース > 一瞬の晴れ間の一ノ倉

一瞬の晴れ間の一ノ倉

二日目は一ノ倉。

2016/3/2 水曜。

 

二日続けてご参加のお二人。

今日は一ノ倉コースです。

一ノ倉沢コース

昨日は玉原へ。

大幽洞窟は数年前に行ったということなので、残る選択肢は一ノ倉コース。

今日は雪が降ってはいますが、時折晴れてくる可能性もあるので向かってみました。

 

西黒沢

西黒沢。

昨日の寒波で凍った上を渡ります。

雪不足で川が出ているわけではなくて、本来は橋の下を流れているはずの水の流れが変化して、橋じゃないところに流れ込んでしまってるせいです。

シジュウカラ

野鳥が好きだというお二人。

早速野鳥の群れに遭遇。

シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラなどの混群でした。

 

マチガサワ

マチガサワ。

谷川岳がうっすら見えてます。

今日はみなかみ町の他の部分が晴れ間になっても、谷川岳の山頂だけは一日中雲がかかってる感じの予想です。

山頂が見えないとしても、山腹が見えてるだけでもだいぶ違います。

湯檜曽川

マチガサワを渡って奥へと進みます。

 

一ノ倉岩壁

一ノ倉沢に到着。

岩壁がうっすらと見えているので、見えなくなる前に撮影。

残念!

私達の後ろを歩いてた人に、シャッターを押していただくように頼んで三人でポーズを取る。

ほんの数十秒の間に一ノ倉が見えなくなってました。

ツエルト設営

昨日よりはかなり暖かいのですが、それでも少し肌寒いですし雪も降っているのでツエルト設営。

一ノ倉が見えるくらいに雪がおさまるのを待つのにもツエルトがあったほうが良いですし。

チキンラーメン

二日続けてウドンでは飽きるので、今日はチキンラーメン。

ちゃんと具は工夫してますよ!!

ゼニイレサワ

馬蹄形の東側は晴れ間。

白髪門をバックに晴天の撮影。

逆向き

クルリと振り返って一ノ倉をバックに。

来た時よりもクッキリ見えてます。

それでも白髪門方面に比べると晴天とは言いがたいです。

谷川岳は天気の変化が激しい山なので、こんな状態はしょっちゅうです。

 

帰り道。

「このコースは動物の生活の痕跡が少ないですね」との声が上がっていたので、川沿いから少し山沿いに移動して、動物の痕跡が多そうなルートへ。

ウサギの足跡

ウサギがアブラチャンの冬芽と枝を食べた跡。

 

テンの足跡

埋まりかけているテンの足跡の先に穴が空いてるのを発見。

穴

穴の中、更にもう一段奥にまた穴が空いている。

テンの穴

ズームで確認すると・・・

テンのねぐら

雪の下の深いところに倒木が有り、その空間を利用して一晩の宿にしていた模様。

ツリーホールは普通の雪洞よりも暖かいですからね。

下り

動物の痕跡が多いルートから元のルートに戻る下り。

あまり人が通らない道は、雪が深くて歩くのも大変です。

ミズナラ

ミズナラの老木。

フキノトウ

フキノトウ。

トンちゃんは大好きだそうですが、私は食べ過ぎると胸焼けがしてしまうのでちょっと苦手。

ゴール

ゴールする少し前から、後ろを振り返るとさっきまで晴れていた東側も真っ白になって吹雪が追いかけてきました。

短い晴れ間でうまく景色が眺められて良かったです。

二日続けてのご参加、ありがとうございました!!

 

2016年3月2日。

一ノ倉。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

一ノ倉コース

群馬県みなかみ町のハッピースノーシュー!ツアー日記コーナーの一ノ倉コースの一覧です。


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト