Top > ツアーレポート > 大幽コース > 6年ぶりのリピーターさんでした

6年ぶりのリピーターさんでした

大幽洞窟は大盛況でした。

2016/3/5 土曜。

 

お天気も良く、絶好のスノーシュー日和になった週末。

リピーターさんお二人と大幽洞窟へ。

大幽洞窟コース

以前に来ていただいたのが6年前!

なんと6年ぶりのリピーターさんです。

じゅんちゃんとショーコさん。

 

上ノ原

朝来たら早々と駐車場がいっぱいになりかけていたくらいのスノーシュー日和。

暑過ぎずくらいの暖かさで、お天気も良し。

撮影

写真撮影日和ですね。

 

ウサギの足跡

ウサギの足跡。大きめ。

キツネのあしあと

キツネの足跡。

 

あしあとその2

キツネが一直線に歩いた跡。

キツネダッシュ

キツネがそのまま段差を飛び降りて、ウサギの足跡に似たダッシュの足跡に変化。

キツネ小走り?

キツネがダッシュの後に、ちょっと小走りになった感じの足跡。

イタチ科の動物が良く見せる3本足の跡に似てますが、イタチ科ほど綺麗な3つの跡にはなりません。

キツネのあしあとその3

そのまま登り坂を上がる時は、普段の一直線とは違って二つのチョンチョンとした足跡。

そこだけ遠くから見るとテンの足跡と間違えそうです。

 

カラマツ林

もうすぐカラマツ林を抜けようとする所で、すぐ近くにヤマドリが居て、気が付いた瞬間に飛んでいってしまいました。

 

「何か動物見たいね~」というジュンちゃんとショーコさん。

「今のヤマドリで、今日の動物が見れる運を全部使っちゃいましたね」

エナガ

エナガの群れがずいぶん近いところまで降りてきました。

アカゲラか何かの大きなドラミングも響き渡ってましたし、野鳥がずいぶんと活発です。

何かの巣

雪の重さで折れた枝に何かの巣がかかっているのを発見。

巣材が腐朽しかかってるので、もう使われてはいなさそう。

普通の鳥の巣だったらそのまま通り過ぎようかと思ったんですが、妙に丸っこいので近寄って確認。

丸い巣

お椀状ではなくて、球形でした。

ヤマネとかモモンガとかの哺乳類のものだったかも?

じゅんちゃんしょーこさん

景色や足跡ばかり撮ってて、お二人の写真を撮るのをうっかり忘れるところでした。

お昼ごはん

洞窟に上がる前にランチ。

6年前のメニューに比べてどうだったでしょうか?

軽く食休みをしてから再スタートしようと思っていたら・・・30人近い大きなグループが来たので慌てて出発。

さすがにあんな大きな団体さんの後ろに回ったら1時間くらいまたされそう。

新宿からのバスツアーだそうです。

氷筍

積雪が例年の半分ですが、氷筍は半分なんていうことは無いので安心です。

下り坂

新雪が残っているルートを選んで下っていきます。

雪原

洞窟へのルートは人がいっぱい居ましたが、雪原は貸切状態でした。

写真撮影

スノーシューの宣伝ポスターにでもなりそうな良い写真が撮れました。

ゲームのコスプレ撮影してる人達も居ました。ほんとに写真撮影日和です。

ゴール

ジュンちゃん、ショーコさん、お疲れ様でした!

次はまた6年後と言わず、3年後くらいには来て下さい!

2016年3月5日。

大幽洞窟。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

大幽コース

群馬県みなかみ温泉の奥地、宝台樹地区からのアクセス、大幽洞窟コースのスノーシューツアーレポート。ハッピースノーシュー


新着情報
6月後半、尾瀬学校(2018年7月 8日)
6月の登山ガイド近況(2018年7月 2日)
関連サイト