Top > ツアーレポート > 玉原湿原コース > 3/9、快晴の玉原湿原

3/9、快晴の玉原湿原

貸しきり状態の玉原!

2014年3月9日。

 

大雪が降ったの晴天の玉原。

綺麗な新雪と晴天という最高の組み合わせです。

玉原スノーシュー

普段は水上町のコースでスノーシューをすることが多いんですが、今日は「玉原コースでお願いします」とリクエスト。

こんないいお天気の日には、玉原の景色が一層映えます。

そんな玉原リクエストで参加してくれたのが、あみちゃん、ゆいちゃん、まきちゃんの三人組み。

玉原に泊まってる人ならともかく、日帰りなのに玉原希望とは珍しいな~と思って聞いてみたら、

「ブナ林の自然を体験したい」、「動物の足跡を見たり、自然のことを知りたい」と若い人には珍しくネイチャー派のグループ。

 

そういうリクエストなら、玉原は最適です!

歩き出しすぐに、カモシカの親子の足跡。

子供が母親の足跡を重ねて踏んで歩いてたりなど面白いです。

 

次に見つけたのは奇妙な溝のような跡。

ねずみのあしあと

近づいていって到着地点を確認すると・・・

ネズミの穴

ネズミが移動して、ブナの樹の根元の穴にもぐりこんだ痕跡でした。

 

くまのつめあと

熊の爪あと。

大きいですね。

 

ブナの木漏れ日

木漏れ日の中を歩く。

 

ブナの倒木。

玉原、移動した場所それぞれに立派な古木があるのですが、今年は残念なことにそのうちの二つが倒れてしまっていました。

 

ツルウメモドキ

ツルウメモドキの実。

冬に入ったばかりの時は沢山実が残っているのですが、2月くらいに一気になくなります。

寒い冬に糖度が上がって食べごろになるそうです。

 

ミズナラの古木

玉原湿原の拠水林にあるミズナラの古木。

この樹も、ほぼ天寿を全うしそうなくらいの老木ですが、まだまだ健在です。

 

玉原湿原

日曜日なのに足跡一つない玉原湿原。

他に大きな団体さんが来ていたはずなのに、足跡一つない状態で残ってました。

 

テンの足跡

唯一、湿原にあった足跡。

テンの足跡です。

 

鳥居

鳥居。

前回私が来た時よりも、かなり低くなっています。

昨晩まで降っていた雪、相当積もったようですね。

 

帰り道。

今日は自然のお話する機会が多かったせいで、帰りが普段より一時間近く遅くなったのですが・・・

帰り道。

団体さんが踏み固めた道と、しっかり除雪されてる道路を使って意外に早く戻ることに成功。

 

ゴール

みんな、お疲れさまでした。

色々なところに自然体験に出かけてるみたいですが、この玉原も良い思いでの一つになってもらえたでしょうか?

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

玉原湿原コース

ハッピースノーシューのツアーレポート。玉原湿原コース(たんばら高原)のスノーシュー日記一覧表です。


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト