Top > ツアーレポート > 玉原湿原コース > 3月16日、玉原湿原

3月16日、玉原湿原

平日玉原スノーシュー。

2016/3/16 水曜。

 

平日ですが、複数の参加者が偶然集まって大人数(ハッピースノーシューとしては)でツアースタート。

平日スノーシュー

スキーに行く予定だったけどスノーシューに変更したというサイトーさんグループと、夏の玉原には5回くらい来ているというカトウさんご夫妻と。

テンのあしあと

森に入ってすぐにテンの足跡。

テンの穴

テンの足跡をトラッキングしてみると、なんだか凄い暴れて穴まで掘った形跡が。

ねずみのあしあと

良く見るとネズミの足跡がありました。

襲った風でもなさそうなので、ネズミを探してたんでしょうか。

オオヤマザクラ

オオヤマザクラ。

カモシカのあしあと

カモシカの新しい足跡。

 

テンの穴

テンが開けた穴。

左の木の根元から入って右の細い木の根元からまた出てきます。

 

雪のベンチ

ランチポイントを決めたら、雪のベンチ作り。

皆で交代で穴を掘ります。

食事風景

自分たちで作ったベンチに座ってお食事。

立派なベンチを作ったので快適そうです。

 

ミズナラ

年輪を感じさせる巨木が次々と倒れていった玉原湿原の周囲の森(ブナ平の方はスノーシューツアーでは向かいません)。

最後に残った「捩れたミズナラ」の巨木。

白樺

巨木でもなんでもありませんが、湿原の中に美しく佇む白樺。

 

玉原湿原

水上町周囲のスノーシューコースがそろそろ雪不足になってきましたが、ここはまだ十分雪があります。

 

最後の登り

スキー場に戻る最後の登り。

ゴール

新雪と青空の中、最後までお天気も崩れず良いハイキング日和でした!

 

2016年3月16日。

玉原スノーシュー。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

玉原湿原コース

ハッピースノーシューのツアーレポート。玉原湿原コース(たんばら高原)のスノーシュー日記一覧表です。


新着情報
6月後半、尾瀬学校(2018年7月 8日)
6月の登山ガイド近況(2018年7月 2日)
関連サイト