Top > ツアーレポート > 玉原湿原コース > 貸し切りで愛犬スノーシューでした。

貸し切りで愛犬スノーシューでした。

玉原。

2019/02/27。

 

以前にラズちゃんポムちゃんを連れてスノーシューに参加してくれたお客様が、今度はドッグスクールのお仲間を連れて貸し切りで参加してくれました。

愛犬スノーシュー

ドッグスクールのお仲間だけあって、ワンちゃん達がしっかり言うことを聞いて整列してます。凄い!!

 

雪の犬散歩

飼い主さんの言うことをきちんと聞いて、呼び戻しが出来る愛犬たちですが・・・

それでもスキー場から離れるまではリードを装着。

スノードッグラン

私が前半に通るルートはちょっとマニアックなので、一般のスノーシューハイカーとは殆ど出会いません。

ここまで来たら、ノーリードでブナの森を走ってもらいます。

ワンちゃんが引っかいた訳ではありません。

クマの爪あと。

 

赤実のヤドリギ

実が赤いヤドリギが落ちてました。

区熊の爪あと

凄い小さめの爪あと。

小さいとは言え、クマのものには違いないので小熊でしょうか。

 

木のウロ

 

木の穴が有ると、つい覗いてしまいますね。

ブナの実の殻

ブナの実の殻が沢山入ってました。

誰かが貯職しておいて、食べた場所かな。

 

チワワ

今回、最軽量のチワワ。3キログラムちょっと。

うちの猫の半分くらいです。

湿原へ

湿原到着!

と言っても、登山道はガン無視して入ってきてるので、拠水林で隔たれて人の通らない場所です。

 

ランチ

ランチタイム。

今日はアシスタントのガイドを1人呼んだので、私も写ってます。

 

湿原

湿原の中心部を通り抜けて・・・最上流部へ。

玉原越えへ

飼い主さんの言うことを聞いて、しっかりポーズをとる二人。

玉原越えから

玉原越えを眺めて折り返し。

ブナ林

帰りも、ここは他の人がまず通らないだろうというブナ林の中で。

 

ももんがの糞?

穴が有るとつい覗いてしまう私。

中に、小動物っぽい植物質のフンを大量に発見。

「げっ歯類の小さいやつですね」と説明しておきました。

家に帰って色々調べましたが、大きさと形はモモンガのフンに激似でした。

モモンガでよいのかな?

 

ヤドリギの実

今度は、ヤドリギの黄色い実の方を見つけました。

 

湿原看板

湿原のメインの場所に戻ろうとしたら、他のスノーシューの人を見つけたので、リード装着。

ここから暫くは、ハイキングルートを登るのでリードのままです。

他の登山者が来るかもしれないのと、登りだからワンちゃんがお母さん達を引っ張ってくれるのを期待してですが・・・。

「登りは引っ張ってもらえると楽なんだけど、引っ張って欲しい時には全然引っ張ってくれないのよ」ということでした。

ヤマブドウの実

ヤマブドウの実。

グラウンド

グラウンドに到着。

ここは普段から愛犬家の人達が遊ばせている場所です。

再びノーリード。

と思ったら、疲れてるのかもうみんな大人しいです。

整列中

最後、恒例の記念撮影の為にオスワリをさせる飼い主さんたち。

ワンちゃん整列

ピタっと整列するワンちゃん達。凄い!

皆さん、お疲れ様でした!

 

今回、アシスタントガイドやお客さんが撮ってくれた写真があるので、オマケで追加。

みこちゃん?

食事中、リュックの上で暖かそうに寝るミコちゃん。

 

松原ガイド

今回、手伝ってくれた松原ガイド。

犬が微妙に恐がってる!?

 

遊び中

犬と遊ぶ、ガイド二人。

後ろで走ってるのが私です。

 

2019年2月27日。

玉原。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

玉原湿原コース

ハッピースノーシューのツアーレポート。玉原湿原コース(たんばら高原)のスノーシュー日記一覧表です。